写真提供:マイナビニュース

写真拡大

テラスカイは12月21日、エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア、ダイワボウ情報システム、リコージャパンの3社と販売代理店契約を締結したと発表。12月22日よりグループウェア「mitoco」の販売を開始する。

mitocoは、クラウドの最新テクノロジーで開発された次世代型グループウェア。一般的なグループウェアの機能を網羅しつつ、カスタムアプリケーションの追加、APIによる外部連携、IoTといったクラウドならではの拡張性に優れている。

2017年1月13日より提供開始する最新版では、最新のファイルをメンバーでスムーズに共有できる「文書管理」機能や、個人の内線番号やメールアドレスなど必要な情報にすぐにアクセスできる「アドレス帳」機能、直感的な操作が可能なiOSアプリを提供する。

同社では、今回提携した3社に加え、アグレックスとも今期中を目途に代理店契約を締結するという。

(山本明日美)