台湾外交部(外務省)は21日、西アフリカのサントメ・プリンシペとの外交関係を終結したと発表した。李大維外交部長は台北での記者会見で、「一つの中国」政策を推進するためにサントメ・プリンシペの財政難を利用すべきではないと中国を非難、こうした動きは中台関係の安定を損なうと述べた。

 一方、中国政府は断交を歓迎する声明を発表。ただ、サントメ・プリンシペとの正式な外交関係樹立や財政支援については明言しなかった。

 今回の断交により、台湾と外交関係を持つ国はアフリカではブルキナファソとスワジランドのみ、全世界で21カ国となった。

 中国政府は、トランプ次期米大統領と台湾の蔡英文総統が今月初めに電話会談したことに猛反発。トランプ氏は、米国政府が長年維持してきた「一つの中国」政策を必ずしも堅持する必要はないとしたと述べていた。

[台北/北京 21日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます