ダイエット中なら、冷たいおにぎりを選ぶ

写真拡大

寒いこの時期は、コンビニのおにぎりでもスパゲッティでも、すぐに温めてもらいます。

それは、「食べものは、何でも温かいほうがおいしいし、ダイエットによさそう」って思い込んでいたから。

でも、ヤセたいときは、じつは冷たいまま食べたほうがいいものもあるのです。

ダイエット中は冷たいおにぎり

メディアで人気の医学博士の池谷敏郎さんの著書『ダイエットの新習慣』(朝日出版社)に、こんな言葉がありました。

「冷たいごはんの方が血糖値が上がりにくく、脂肪がつきにくく、便秘解消にも役立つ」

「ごはんに含まれている糖質(でんぷん)は、温度でその性質が変わります。ごはんが冷える過程で、でんぷんは消化されにくい糖質(resistant starch/レジスタントスターチ)になり、小腸で消化・吸収されにくくなるのです」

(本文P90より抜粋)

ダイエット中は、体に吸収されにくい「冷たいおにぎり」。

しっかり栄養がとりたいときは、「温かいおにぎり」。

糖質のしくみを知っていれば、同じおにぎりでも食べかたが変わってきます。

たとえば、きつねうどんよりざるそば。ナポリタンよりパスタサラダ。

少しでも太らないように、はじめから冷たいメニューをチョイスするのもアリです。

もちろん、糖質以外のおかずは、いままで通り温めて食べてOK。体は冷やしすぎないように、温かい場所で食べることも心がけたいポイントです。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・若い頃に戻りたいなんて、1ミクロンも思わない。#ふたりごと

・相手の気持ちが読める手袋 #近未来に恋をする【カツセマサヒコ新連載】

・とかすだけで髪の状態がわかるヘアブラシ。プロ並みのケア始める