イ・ビョンホン&ソン・イェジン「韓国映画制作家協会賞」男女主演賞を受賞

写真拡大

韓国映画制作家協会(会長:イ・ウン) が主催する「第3回韓国映画制作家協会賞」が20日、明フィルムアートセンターで受賞者ファン・ギソン代表、キム・ウォングク代表、ナ・ホンジン監督、俳優イ・ビョンホン、ソン・イェジン、キム・ウィソン、パク・ソダムなどが参加した中、盛況の元、開催された。

韓国映画制作家協会の会長イ・ウンは開会の辞を通じて「今年多くの事件が発生し、大きな変化に直面した年の年末だが、来年にはより良い姿で会うことができるのを祈る。辛かったことはしばらく忘れ、祝福の言葉を交わすことができる授賞式になってほしい」と歓迎の挨拶を伝えた。

また韓国映画制作家協会が尊敬する先輩映画制作者に与える功労賞を受賞したファン・ギソン社団のファン・ギソン代表は「僕は今、功労賞を受賞する時ではなく、アメリカのクリント・イーストウッドのように観客とコミュニケーションできる映画を今後10年はまだ作りたい。僕が年寄りではなく、他の映画人たちがあまりにも早く離れすぎなのだ」と指摘し「映画が良くて、良い人たちがいるから、老若男女に関係なく映画を作業するのが楽しいのだ」と逆に後輩映画人たちを応援した。

韓国映画制作家協会賞の最高の栄誉である作品賞を受賞した映画「インサイダーズ/内部者たち」のキム・ウォングク代表は「映画制作において素人だが、大先輩たちの前でこのような賞を受けて感謝する。さらに最善の尽くして素晴らしい映画を作ってほしいという意味だと思っている」と先輩映画人たちに感謝の気持ちを伝えた。

「哭声」で監督賞を受賞したナ・ホンジン監督は「同僚映画人たちがくれる賞だからぜひ受賞したかったが、受賞することになって嬉しい」と感想を伝えた。

男優主演賞を受賞した映画「インサイダーズ/内部者たち」のイ・ビョンホンは「どんな賞よりも重くて意味のある賞だと思う。これからも必要な俳優になる」と感謝の挨拶を伝え、女優主演賞を受賞した映画「荊棘の秘密」と「徳恵(トッケ) 翁主」のソン・イェジンは「現場で多数の俳優、スタッフたちが孤軍奮闘したおかげで素晴らしいシーンと映画が誕生した」と受賞の感想を伝えた。

男優助演賞を受賞した「新感染 ファイナルエクスプレス」のキム・ウィソンは「受賞するほど素晴らしい演技を見せたとは思わないが、再び俳優活動をスタートする僕を激励してくれる声だと思っている」と受賞の感想を伝え、女優助演賞を受けた「プリースト 悪魔を葬る者」のパク・ソダムは「演技活動を始めて3年だが、素晴らしい作品と監督、スタッフたちに出会った。ここに参加した制作者たちと一緒に作業することができるように頑張る」と感想を伝えた。