キャリアを台無しにする「職場不安」の克服法

写真拡大

「職場不安」はあなたが思っている以上に一般的な問題だ。放っておくと、自分の人生を支配されかねない。

アメリカで不安障害に悩んでいる人は4,000万人にのぼるが、実際に治療を受けている人はその3分の1程度。不安は健康に悪影響を及ぼし、慢性的な疾患を引き起こす可能性がある。また、職場での生産性を下げ、同僚との関係を損なうこともある。

以下に、よくある4つのタイプの職場不安とその効果的な対処法を紹介する。

1.人前で話をするのが怖い

人前で話をすることに対する恐怖心は一般的で、「スピーチ恐怖症」という呼び名があるほどだ。スピーチ恐怖症の人は、大勢の前で演説をするにせよ、同僚を相手にプレゼンをするにせよ、「人前で話をする」と考えるだけでひどい汗をかいたり、心拍数や血圧が上昇したりする。そのため、人前で話をする仕事を避ける傾向にあり、理想の仕事や大きな昇給のチャンスを逃してしまうこともある。

この不安症の一番の対処法は、パブリックスピーキング(弁論や演説)の講座を受けることだ。しかし、もしかなり深刻であれば、何かしらの治療を受けるのが一番かもしれない。心理療法や薬物療法が、恐怖心の克服に役立つこともある。

2.質問をするのが怖い

質問をしないでいることは、ゆっくりとキャリアの死に向かっているようなものだ。確かに、質問しにくいときはある。新しい仕事を始めたときは特にだ。周囲の人に、自分が履歴書に書いた通りの「有能な人物」であるというイメージを与えたいからだ。誰もが優秀と思われたい。

だが、どんな仕事であれ、優秀であるためには継続的な学びと成長が必要であり、それには、周りにいる優秀な従業員から学ぶのが一番だ。

同僚に質問をするのを恐れてはならない。周囲に悪い印象を与えるのが不安ならば、まずは質問事項を書き出して、自力で答えを見つけられるかを考えてみる。しかし、それに時間をかけすぎてはならない。エゴは捨てて同僚に尋ねてみよう。それが答えを得るための一番簡単な方法であることが多い。

3.批判すること・されることが嫌い

誰だって批判されるのは嫌だが、建設的な批判は、プロとして学習・成長するためには最も効果的な方法の1つだ。批判は潔く受け入れよう。個人的な攻撃と受け止めたり、身構えたりしてはならない。耳を傾け、言われたことをメモし、指摘してくれたことに感謝するのだ。

そして焦らず時間をかけて、それを受け止める。必要ならば説明や謝罪をして、事態を修復するための措置を取る。同じことを繰り返さないように計画を立てる。

反対に、優れたリーダーであるためには、部下の成長の手助けをしなければならない。そのためには、きちんとしたフィードバックが不可欠だ。

そこで重要なのは、まず従業員に質問をして彼らの意見を理解し、議論が一方的なものにならないようにすること。そして、問題は具体的に指摘し、解決法を提示することだ。タイミングや場所も慎重に選び、相手が同僚の前で不快な思いをすることがないようにしよう。

4.自分には価値がないと感じる

仕事で失敗をした、締め切りを守れなかった、上司から否定的なフィードバックを受けた・・・など、もう二度と期待に応えられないように感じてしまうことは誰にでもある。

しかし、自尊心が低すぎると、自らのキャリア(もちろん給与も)を台無しにしてしまう可能性がある。自分は駄目な人間だと思い続けると、本当にそうなってしまう。

どんな不安や恐怖も、克服への第一歩はそれを認識することだ。自分を省みる時間を持とう。職場不安のせいでプロとしての真の価値が損なわれていないだろうか。憧れの仕事に就くのであれ、新たなスキルを学ぶのであれ、給与アップを目指すのであれ、恐怖心にそれを邪魔されてはならない。問題に立ち向かい、あらゆる手段を尽くして恐怖心を克服し、職場不安に別れを告げよう。