写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オプトは12月21日、同社のアプリデータマネジメントツール「Spin App」と、トレジャーデータのクラウド型データマネージメントサービス(DMS)「TREASURE DMP」の連携を開始した。併せて、Spin Appの新機能を追加した。

Spin Appは、オプトが開発したアプリデータマネジメントツール。アプリデータの取得、管理、分析、施策活用までが一元管理できる。TREASURE DMPは、トレジャーデータが提供するクラウド型DMS。データの収集・分析から施策の実行に至るまでをワンストップで実現する。

今回の連携により、国内外における主要な計測SDKやアナリティクスSDKと接続できるようになり、さらに多くのアプリ提供企業へのSpin Appサービスの提供が可能となる。

また、Spin Appの新機能として、インポート機能を追加。企業が独自で保有しているデータをSpin App管理画面へインポートすることで、新たなCRM施策が可能になるなど、アプリを活用したユーザーコミュニケーションの改善が見込まれるとしている。

(山本明日美)