三菱eKスペースと同様に、スーパーハイトワゴンの日産デイズ・ルークスも2016年12月21日にマイナーチェンジを受けました。

デイズ・ルークス・ハイウェイスターは、新しいVモーショングリルと大開口であることを感じさせるバンパーにより、プレミアム感と存在感を強調。

1

標準仕様のデイズ ルークスは、Vモーションをモチーフとしたワイドなグリルで、エレガントな佇まいとなっています。

インテリアは、新たなシート表皮に加えて、質感を向上した特別なインテリア、「プレミアムグラデーションインテリア(デイズ・ルークス ハイウェイスターにメーカーオプション)」を新設定。高級感のあるダイヤキルティングパターンのグラデーションクロスと合皮のコンビシートにより、汚れを簡単に拭き取ることが可能になっています。

装備では、先行車や対向車のライトを認識し、ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」を搭載。一部グレードには、高速走行時の疲労を軽減するクルーズコントロールも用意されています。

さらに、「ナノイー」搭載の「リヤシーリングファン」と「スピード消臭シート」を軽自動車として初めて採用(Sを除く全車に標準装備、イノドールクイック瞬感消臭による消臭シートの採用で)されているほか、「高性能エアコンフィルター(花粉・黄砂・PM2.5対応タイプ)」を搭載。

また、炎天下での室温上昇を抑制する「断熱ルーフ」、強い日射しの赤外線による肌のジリジリ感を抑制する「IR(赤外線)カットガラス」、冬の始動時も室温の上昇を早める「運転席ヒーター付シート&PTC素子ヒーター&リヤヒーターダクト」も搭載されるなど、車内の快適性向上も図られています。

マイナーチェンジを受けた日産デイズ・ルークスの価格帯は、2WDが130万6800円〜175万5000円、4WDが142万7760円〜187万5960円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

三菱・eKスペースが大幅改良でフェイスリフトを実施!
http://clicccar.com/2016/12/21/428417/

三菱eKスペースが装備を充実!! 新グレード追加とターボの燃費を向上
http://clicccar.com/2016/12/21/428433/

大幅改良で室内の快適性を向上させた、三菱・eKスペース
http://clicccar.com/2016/12/21/428501/

日産デイズ・ルークスが大胆な顔つきに変身!! 快適性を高める装備を満載(http://clicccar.com/2016/12/21/428609/)