初ロマンスの目前で…

写真拡大

 女子レスリング日本代表の吉田沙保里(34才)に、まさかの初ロマンス…という出来事があったという。

 列島が「まさか…」と絶句した吉田沙保里のリオ五輪での銀メダル。試合後、吉田が人目をはばからずに号泣したシーンは日本中を心配させたが、そのたった2週間後に現役続行を明かして、4年後の東京五輪で金を目指すと高らかに宣言。倒れてもすぐに立ち上がるそのメンタルの強さはさすが“霊長類最強女子”。

 そんなドラマの陰で、ひっそりと涙を流していた男がいたことは、まったく知られていない。

「最初はロンブーの淳さん(43才)の紹介でした。淳さんと吉田さんは仲がよくて、たまに芸人仲間や吉田さんの後輩選手たちとみんなでご飯に行ったりするんです。そこに呼ばれたのがアイツでした」(芸能関係者)

“アイツ”とはお笑いコンビ『ギンナナ』の菊池健一(39才)。2010年の『M-1グランプリ』では準々決勝に進出したこともあり、2005〜2010年までは淳がボーカルを務めるビジュアル系バンド『jealkb』にギタリストとして所属していた。

「連絡先を交換したのは、2016年の初めくらい。その後ちょこちょこ連絡を取り合ってて、6月頃にも淳さんや吉田さん、吉田さんの後輩の登坂絵莉選手(23才)たちを交えて食事にいったみたいですよ。

“高速タックル”が代名詞ながら、プライベートでは“乙女キャラ”でオクテな吉田さんと、話の上手な菊池さんがいい感じになって。8月のリオ五輪のときには、菊池さんがサプライズで現地を訪れて、声援を送るという計画まであったそうです。結局仕事の都合で行けなかったんですが、猛烈なアタックを繰り返してました」(前出・芸能関係者)

 吉田はこれまでに浮いた話は一切なし。元プロ野球選手の井端弘和氏(41才)への憧れを明かしたことはあるものの、まさかの初ロマンスと思ったら…。

「リオが終わると吉田さんから菊池さんへの連絡が途切れ途切れになって、そのまま関係は進展せず。菊池さんの “求愛タックル”は見事にかわされたようで、吉田さんは意外と『恋愛偏差値』高めだなって」(前出・芸能関係者)

※女性セブン2017年1月5・12日号