お得感満載な冬物のセール。けれど、セール中は購買意欲が高くなっているためついつい必要のないものを買ってしまいがち。今回はセール買いで失敗しない賢い買い物方法についてまとめてみました。

セール前にクローゼットをチェックする

セール買いで失敗しないためには、まずなにを買うかきちんと計画を立てておくことが大切。セールに出かける前にクローゼットをチェックしておくと、持っている服とセール品とのコーディネートを考えやすく、セール品の着まわし率が計算しやすくなります。
せっかくセール品を購入してもそれに合う洋服が手持ちになければ、また新たに洋服を購入するハメになり結果出費が嵩んでしまうこともあるので要注意。

流行アイテムは買わない

秋に欲しかった流行アイテムを冬のセールに購入するのはNGなセール買い。セールが終わるとすぐに出回るのは春夏コレクション。シーズン始めに欲しかった流行アイテムは過去のものとなってしまう可能性大です。流行アイテムはセール中でなく、シーズンが始まってすぐ購入するのが賢いお買い物術です。

セール中は良質でシンプルなもの必見

流行に左右されることも少ないシンプルアイテムは、長期的な付き合いになることが多いため良質なものをセール買いするのが賢いチョイス。着まわしがしやすくクローゼットからの出番も多いので、シンプルアイテムには、何度袖を通しても品質を保てるようなクオリティの高さを求めるのがポイントです。

靴のサイズで妥協はNG

サイズが微妙に合わないけど安いから、という理由で購入する靴はほとんどの場合お蔵入りになってしまうのがオチ。多少の誤差であれば、中敷などで靴のサイズを調整することはできますが、ワンサイズ違う靴は使い物にならないのでどんなにお買い得品であっても購入は控えた方がベター。

ドレスは購入前にスケジュール確認

ゴージャスなドレスがお手軽価格で売られていたらついつい手を伸ばしてしまうのが乙女心ですが、実際そのドレスを着ていく機会が何度あるのか、購入前に一度考える必要があります。シーズン中にパーティの予定がわんさかある、結婚式に頻繁に招待されているなど、現実の予定と照らし合わせて購入を決断しないとせっかくのパーティドレスも宝の持ち腐れになってしまいます。

迷ったら買わない

セール中は購買意欲が高くなっているためついついいらないものを買ってしまいがち。セール品でも買おうか買うまいか迷ってしまうのであればその商品は買わない方がベター。どうしても欲しいという商品だけをゲットするのがセール中のムダ遣いを防止するポイントです。

絶対買おうという意気込みは損をするだけ

セール中だからとにかく買っておこう、という意気込みでセールに挑むと結果「安物買いの銭失い」になってしまう可能性大。いいものがあれば買う、というスタンスを崩さないことはセール買いの失敗を防ぐためにとても重要なことです。