「報道を信じる人が多い国ランキング」発表、日本は約6割が懐疑的

写真拡大

偽ニュースが氾濫する中、多くの人たちは今でもラジオやテレビ、新聞が伝えることを真実だと信じているのだろうか?世界中で報じられるニュースの中で、事実と作り話の境界線はますます曖昧になってきている。11月に行われた米大統領選では特に、大量の偽情報が流布された。

懸念されるのは、ウェブメディアのバズフィードが調査会社イプソスに委託して行った調査の結果、米国で報じられるニュースの見出しのうち情報が誤っているものについても、75%の人が正しいと誤解していたことが分かった点だ。

英ロイタージャーナリズム研究所は 先ごろ、各国で報じられるニュースへの信頼度に関する調査結果を発表。報告書によると、最も信頼度が高いのは西欧の豊かな国やスカンジナビア諸国だった。豊富な資金を持つ公共放送局の存在が主な理由と考えらえる。

フィンランドでは「ほとんどのニュースをほぼ常に信頼することができるか」という質問に対し、回答者の65%が「そう思う」と答えた。だが、英国ではその割合は半数にとどまった。一方、偽ニュース問題の中心地である米国では、同様に答えた人はわずか33%だった。これらの結果は、26か国の市民からインターネットを通じて得た回答をまとめ、分析したもの。

ニュースに対する信頼度が高い国ランキング

「報じられるニュースの大半は信じられる」と回答した人の割合でみた順位は、以下のとおりとなっている。

1位 フィンランド 65%
2位 ブラジル 58%
3位 カナダ 55%
4位 オランダ 54%
5位 ドイツ 52%
6位 英国 50%
7位 スペイン 47%
8位 オーストラリア 43%
8位 日本 43%
9位 米国 33%
10位 韓国 22%
11位 ギリシャ 20%

出典:ロイタージャーナリズム研究所