「師任堂、色の日記」イ・ヨンエ、神秘的な雰囲気のキャラクターポスターが公開

写真拡大

女優イ・ヨンエの神秘的な雰囲気が漂うキャラクターポスターが公開された。

SBSの新しい水木ドラマでの放送が確定して期待感を高めている「師任堂(サイムダン)、色の日記」(脚本:パク・ウンリョン、演出:ユン・サンホ) が21日、ドラマでのかすかな秘密を含んでいるイ・ヨンエのキャラクターポスターを公開して、好奇心を誘発している。

公開されたポスターは、秘密らしいおぼろげな雰囲気が漂う。師任堂に扮したイ・ヨンエの端麗な横顔のラインと美しいビジュアルは、モノクロトーンであるにもかかわらず圧倒的な優雅さで注目を引き付ける。ここにイタリアのどことなく奥ゆかしい背景に、どこかを見つめるまたもう一人のイ・ヨンエの眼差しは、秘密めいていて寂しげだ。ドラマで師任堂と現代のソ・ジユン、過去と現在が投影されたポスターだけでも見る人々を物語りに引き込む。

今回公開されたキャラクターポスターは、先立つバージョンとは全く異なるムードで好奇心を刺激する。これまでドラマのキャラクターを浮き立たせる韓服(ハンボク、韓国の伝統衣装) 姿の東洋画のようなイ・ヨンエとソン・スンホンの姿を披露してきたが、イ・ヨンエとイ・ヨンエの繋がりを暗示するような今回のポスターは、過去と現在を行き来しながら想像力の限界を跳び越える「師任堂、色の日記」の魅力を断片的に表わしている。

「師任堂」は韓国美術史を専攻した大学の講師ソ・ジユンが、イタリアで偶然に発見した師任堂の日記に絡み合った秘密を、過去と現在を行き来しながら暴いていくフュージョン時代劇だ。日記の中に隠されている天才画家師任堂の偉大な人生と“朝鮮版ギャツビー”イ・ギョムの花火のようなストーリーが、作家の想像力によって美しく描かれ、視聴者たちに感動を与える予定だ。

「師任堂、色の日記」制作スタッフは、「過去と現在を行き来して繰り広げられるストーリーが大きなスケールで繰り広げられる。師任堂とソ・ジユン、それぞれ異なる魅力の一人二役を演じたイ・ヨンエのその名に恥じない演技にも期待してほしい」と頼んだ。

「師任堂、色の日記」は韓国で来年1月25日に放送がスタートする。