VIXX ケン、ドラマ「青い海の伝説」OSTに参加…甘い歌声で“ドキドキする気持ち”を表現

写真拡大

VIXXのケンがSBS水木ドラマ「青い海の伝説」のOST(劇中歌) に合流する。

ケンが歌った「青い海の伝説」OST Part.7「バカ」は22日0時、各種音楽配信サイトを通じて公開される。

「バカ」は「青い海の伝説」で明るいストーリーラインのシーンに挿入された曲で、多くの視聴者から新鮮だという評価を受けた。当時、歌唱者と曲のタイトルが公開されていない状況だったにもかかわらず、ケンの歌声であることに気づいた視聴者がいるほどだった。

特に、14日に韓国で放送された第9話で、自身が住んでいた場所に戻ろうという人魚のシム・チョン(チョン・ジヒョン) を引き止めたホ・ジュンジェ(イ・ミンホ) が次第に恋心を育てていく心理状態を表現したラブテーマ曲で、フルバージョンが公開され、音楽発売のカウントダウンを知らせて、視聴者とリスナーたちの期待を高めた。

この曲はプロデュースチームのクルタンジ(蜜壷) が作詞・作曲した曲で、ドクンドクンと鳴る心臓の音を表現したアフリカ打楽器と清涼感溢れるシンセサウンド、そしてダイナミックなメロディの組み合わせと展開が際立つ曲だ。人魚のシム・チョンに対するホ・ジュンジェのドキドキする気持ちが、ケンの甘い歌声と甘いサウンドと調和し、反響を得ている。

ケンは今回のOSTを通じてこれまで培ってきた実力をアピールしている。2012年に音楽界にデビューしたケンは、VIXXのメインボーカルとして毎回アルバムで素晴らしい歌唱力を見せており、各種人気ドラマからラブコールを受け、多数のOSTにも参加した。