マジギレ!! 史上最大だった彼女とのケンカ・エピソード6

写真拡大

恋人と一緒にいる期間が長かったり、結婚生活が長くなると、パートナーとも一度や二度は大ゲンカをすることがあるものです。中には破局の危機を迎えたことがあるカップルも、いるのではないでしょうか。これまでの人生の中で、パートナーとの最大のケンカをしたエピソードについて、男性に思い出してもらいました。

■嫁姑問題が原因で

・「嫁姑問題。姑のちょっとした一言で八つ当たり。大ゲンカ」(39歳/自動車関連/その他)

・「嫁姑問題で一向に歩み寄らないとき」(38歳/電機/営業職)

結婚している場合だと、自分の母と妻との間に板挟みになって、つらい経験をした男性も多いのでは。どちらかの味方をしてしまうと、そこから大ゲンカに発展することもありますよね。

■勝手に携帯電話を見られて

・「携帯電話を盗み見をされて、別居したこと」(37歳/情報・IT/営業職)

・「勝手に携帯電話を見て、友だちのアドレスを消去された」(37歳/情報・IT/営業職)

いくらパートナーとはいえ、勝手に携帯電話を見られるのはいい気がしないものです。やましいことがなかったにしても、プライバシーは守ってほしいと思うものですよね。

■約束を破られて

・「大事な約束を破られて、周りにも大きな迷惑がかかったのに逆ギレされた」(32歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「デートの待ち合わせを忘れたこと」(28歳/情報・IT/営業職)

約束を破ってきたときは、それが原因でケンカになることもありますよね。素直に相手が謝ってくれないと、そこから大ゲンカになってしまうこともありそうです。

■元カノのことで

・「前の女性との未練を少しだけ見せたら、急に不機嫌になり、駅の周りで追いかけっこしたり、口ゲンカをたくさんしてた」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「彼女が泊まったときに元カノの名前を寝言で言ってしまい、今の彼女に聞かれてしまった」(30歳/生保・損保/営業職)

元カノのことについて口を滑らしてしまうと、相手がカンカンになってしまうことも。どれだけ未練があったとしても、今の彼女には聞かせてはいけませんよね。

■浮気かバレて

・「浮気がバレて、携帯を叩きつけられた」(27歳/その他/その他)

・「浮気をして、さらに逆ギレしてきたとき」(29歳/食品・飲料/営業職)

浮気がバレた場合は、さすがに大ゲンカになってしまうのでは。いったんは落ち着いても、しばらくして破局することも多いので、浮気だけはやめるようにしたいものですね。

■友だちに対する考えで

・「昔からの友だちにお金を融通した際に内容と金額、人が理由なくダメだったようで、一週間話し合い、その後一カ月口をきいてくれませんでした」(39歳/その他/その他)

・「友だちに対する考え方のちがいで言い争いになり、お互いに歩み寄るまで数日かかった」(30歳/情報・IT/技術職)

自分の友だちに対する考え方は、カップルとはいえ、それぞれ考え方がちがうもの。お互いに友だちのことについては、あまり触れないようにするほうがいいかもしれませんね。

■まとめ

最大のケンカをしてしまったときに、修復できずに別れを迎えてしまうカップルもいるもの。本当に別れていいと思ってケンカしているカップルは、それほどいないかもしれませんね。なるべく冷静になって考えるようにしたいものです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数392件(22歳〜39歳の働く男性)