もう奢りたくねぇ! 一緒に食事をするとまずくなる女性の特徴・6つ

写真拡大

男性から食事デートに誘われたときに、一通り気を付けておいた方がいいこととは? 社会人男性に「一緒に食事をするとまずくなる!」と思った女性の特徴を教えてもらいました。これから男性と初めて食事するときは、ここだけは気を付けて!

■会話が全く弾まない人

・「全く自分から話をしない人、またレスポンスもかみ合わなかった人。非常に疲れた」(27歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「気を使う人や話が合わない人。学生のときに色々と試してみたがあの重い空気は2度と味わいたくない」(30歳/情報・IT/技術職)

それが相性と言ってしまえば終わりですが、会話が弾まない人との食事はやっぱりつらいですよね。初めての男性と食事するときは、緊張しすぎに注意です。

■笑顔を全然見せてくれない

・「すごくお酒を飲んで絡み酒をしてきて愚痴ばっかりな子は、萎えます。笑って食べたい」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「全然笑わない。二時間近く一緒にいて笑わないのはつらいものがある」(28歳/情報・IT/技術職)

食事デートをする日は、なるべくなら「気分が良さそうな日」を選ぶのも肝心? ストレスがたまった状態で行くと、せっかくの出会いが台無しになる恐れも。

■料理の批判はしないこと

・「口を閉じないで食べる、料理の批判をしすぎる。まぁうるさい、自分で作れよってなる」(28歳/その他/事務系専門職)

・「店員の目の前で出された料理を批判する人」(29歳/その他/その他)

男性が見て引いてしまうのが、料理批判する女性なのだそう。連れて行ってもらった店の料理がまずくても、その場では口にしないのが得策かもしれません。

■おごっても感謝の態度が見られない

・「おごっても『ごちそうさま』もなければ財布を出すそぶりもない女性。おごられるのが当たり前と思っているその態度に問題あると思う」(31歳/情報・IT/技術職)

・「おごってもらって当然のような顔をする女性。お金だけが目的だから」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

最初の食事デートは男性がおごってくれることも多いですよね。ただ気を付けたいのはそれを当たり前だと思わないこと。せめて「ごちそうさま」は言えるようにしたい!

■食べ方が汚いとき

・「ごはんやおかずをいつも残している、もったいない」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「とにかく、食べ方が汚い……。残すにしても残し方があると思う」(32歳/不動産/営業職)

食べ方が汚いのは見た目が良くないのはもちろん、その「食に対する考え方」が受け入れられないことがあるそう。食べ物は大事に、ですね。

■食事中にうるさく音を立てる人

・「音を立てて食べる人。恥ずかしいから」(25歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「声が大きすぎる人。食事のときはゆっくり食べたいので……」(29歳/不動産/その他)

雰囲気がいい場所でやられると恥ずかしいのが、うるさく音を出して食事されること。自分が食事するときの癖は、事前にもう一度チェックしておいた方がいい?

これから初めて男性と食事する機会があるなら、気を付けておきたいのが上記のこと。あまり緊張しすぎず、かといってだらしなさすぎずの適度さが大事なのかもしれませんね。食事デートの前に、ぜひ一通り頭に入れておきましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数203件。25歳〜34歳の社会人男性)