ポルノ視聴で罰金20ドル 米サウスカロライナで法案提出

写真拡大

米サウスカロライナ州の議員らはネット上にあふれる猥褻画像や人身売買の撲滅を狙い、ポルノ産業を攻撃対象にし始めた。

今回提出された法案は「人身売買禁止法案」としても知られ、州内で販売されるコンピュータやタブレット等に、ポルノフィルターの搭載を義務付ける。これを取り除くと罰金20ドルが課せられる。法案は共和党議員2名が作成し、司法機関の冬期休暇前に提出された。新年初頭から審議に入る。

地元のニュースサイトGo Upstateによると、ポルノフィルターを排除した人物(個人、専門家、報道目的も含む)は罰金に加え、州の検事当局の人身売買の捜査対象となる。法案は個人的なポルノ視聴に罰則を与えるだけでなく、コンピュータの販売業者や製造者に、セックスワーカーや人身売買を行なう業者が利用するサービスへのアクセスのブロックを求めている。

「人身売買はこのところ急増しており、これは非常に重大な問題だ」と法案を提出した共和党議員は述べた。サウスカロライナ州では今年11月、8月下旬から行方不明になっていた女性が輸送コンテナの中に監禁され、数ヶ月後に保護される事件が発生していた。

ギズモードのリポートによると、法案を提出した議員らはフィルターがどのように動作するかの具体的説明を拒んだという。また、この法案と国民の権利の関係についての説明も避けた。議員らはさらに同州の生活保護受給者に対し、ドラッグテストを義務付けることも検討中という。