露大使の射殺現場を撮ったカメラマン「怖かったが自分の仕事をした」

ざっくり言うと

  • ロシアの駐トルコ大使が射殺された現場を、プロのカメラマンが撮影していた
  • 恐怖のなかで「自分の仕事をした」同氏に、ネットでは称賛の声があがった
  • 要人殺害の瞬間や、直後の実行犯の表情が記録に残るのは極めてまれなこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング