ハン・ソッキュ、映画「父の戦争」出演オファーを受け“検討中”

写真拡大

ハン・ソッキュが映画「父の戦争」(仮題) への出演を検討中だ。

ハン・ソッキュの所属事務所クローバーカンパニー側の関係者は本日(21日)、マイデイリーに「映画『父の戦争』への出演オファーを受けて検討中だ」と伝えた。

「父の戦争」は、「渡り鳥の巣」「軽い睡眠」などを演出したイム・ソンチャン監督の次期作で、JSA(Joint Security Area、共同警備区域) で死亡した故キム・フン中尉の事件を扱った作品だ。

ハン・ソッキュは現在、SBSドラマ「浪漫ドクターキム・サブ」に出演中であり、映画「ザ・プリズン」の公開を控えている。