写真提供:マイナビニュース

写真拡大

データ・アプリケーションは12月21日、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex(エーシーエムエス エイペックス)」の最新版バージョン1.1を、2016年12月28日より販売開始すると発表した。

最新版では、それぞれの企業にインストールされたACMS Apex間を連携するAI(ACMS Apex間連携)機能を搭載。同機能は同社独自の機能で、グループ企業間や拠点間、サービス提供企業とサービス利用企業間といった、企業間をまたがった業務フローの連携・リソースの利用が可能になる。また、共有する情報の範囲は、権限設定にてコントロールでき、サービス提供企業はサービス利用企業とのSLA(Service Level Agreement)にあわせた情報公開ができる。

複数サーバでの分散構成におけるサーバ間通信がSSL/TLSに対応。よりセキュアなデータ連携を実現する。また、ACMS ApexとSAP ERP間のデータ連携を行うSAP EDIアダプタ機能を新たに実装し、IDoc(Intermediate Document)/RFC(Remote Function Call)によるデータの授受とステータスの同期が可能になった。

SFTP(SSH File Transfer Protocol)でファイル転送を行うサーバ機能に加え、新たにクライアント機能を追加、SFTPのサーバ機能を持つ取引先とのセキュアなデータ交換が可能になった。また、国内EDIでの主要な通信プロトコル「全銀TCP/IP手順」の各電文をSSL/TLSプロトコルで暗号化することで、インターネットを利用しセキュアなデータ交換に対応した。

新たにサポート対象となった稼働環境は、統合管理サーバがMicrosoft Windows Server、分散サーバがMicrosoft Windows Server/HPE HP-UX/IBM AIX/Oracle Solaris (SPARC)/IBM i(旧称IBM i5/OS, OS/400)。

管理データベースは、PostgreSQL 9.4、MySQL 5.7、Microsoft SQL Server 2016、Microsoft SQL Server 2014 SP2。

同製品は、同社ビジネス・パートナーを通じて販売し、税別価格は60万円(基本機能)から。

(山本明日美)