tv_20161221121930.jpg

写真拡大

覚せい剤使用の嫌疑不十分で一昨日19日(2016年12月)釈放された歌手のASKAさん(58)。わからないのが、最初の検尿で尿ではなく「お茶」を提出していた、という点。これについて昨日、「斜めからの思考」だとして、ブログに説明を載せたが、「まだ語ることができない理由」「近いうちに語る」など、いまひとつだ。

ASKAさんは昨日18日(2016年12月)ブログで、「ずっと考えていました」「皆さんが、今回の事件をどのような思い出見つめているのかを」「そして、絶えず思い繰り返していることがありました」「これで有罪になるようなことがあれば、この国は異常だと」と書いた。

そして「なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?」と踏み込んだ。

ASKAさんが逮捕されたのは、先月(2016年11月)28日。3日前の25日に、採取した尿から覚せい剤の陽性反応があった「覚せい剤取締法違反」容疑だった。だが、25日のそもそもは、ASKAさんの「盗聴、盗撮されている」という110番だ。警察はこれをまともに受け取らなかったらしい。

サイバー課頼んだのに組織犯罪対策第5課が自宅へ

ASKAさんは、「アップルのアカウントが1週間に2回も書き換えられた」と訴えたのだが、警察は「ASKAが訳のわからないことをいってる」と、話を組織犯罪対策第5課に回した。銃器・麻薬犯罪の担当課だ。

この状況をASKAさんはこう書いている。

「当日、瞬く間に警察が9人家にやって来ました。被害を訴えて警察に連絡したはずでした。何度も被害を受けているので、警察のサイバー課の方を紹介してください、と話しました」
「(麻薬担当への連絡が)今回の出来事の始まりでした」「検尿を求められるだろう。メディアに『ASKAが意味不明のことを言っているので、検尿をした』と発表しかねません。それだけでも、大きな記事になるでしょう」
「目の前にお茶がありました。仕事部屋にあったスポイトを思い出しました」「尿ではなく、スポイトで吸い上げたお茶を出してみよう。見つかった時には、素直に検尿に応じればいい」

警察官から検尿セットを受け取って、自宅トイレでお茶を入れた。警察官と妻が立ち会っていたが、背後からで見えなかったという。

「これは、僕の斜めからの思考だと思ってください」「尿を出してしまったら終わりだ。必ず、陽性にされてしまう。あまり詳しいことは書けませんが、3日目には陽性となりました。ありえません」

お茶から「陽性」の不思議、「まだ語ることができない理由」あるとASKAさん

かくて逮捕となったというのだが、警察は、お茶から陽性反応を引き出したというのか?しかし、奇妙なことにASKAさんは、昨日午後になってこうも書いている。

「(お茶が)陽性になったのには、一つの理由があるのです。(鑑定した)科捜研に間違いはないと思います。ただ、まだ語ることができない理由があります。近いうちに詳細を語らせていただきます」「これだけは、言えます。僕は無実です」

大竹真「科捜研に間違いはないというのは、訳がわからない」

加藤浩次「覚せい剤反応が出たのは間違いない」

遼河はるひ「無実というのなら、尿を出せばいい」

近藤春菜「警察を試した?」

宮崎哲弥(評論家)「お茶と科捜研の結果は矛盾する。詳細を語るのを待つしかない」

ASKAさんの言う「斜めの思考」が何を意味するのか。貼られたレッテルへの反発なのか。「盗聴」あるいは「アカウントの書き換え」が本物である可能性だってあるだろうに。「まだ語ることができない理由」とは何?