“6人組に再編”April、1月4日にカムバック確定

写真拡大

6人組ガールズグループAprilが2017年1月4日、DSPメディアの新年最初のランナーとして出撃する。

DSPメディアは21日の0時、Aprilの公式SNSを通じてカミング・アップ(Coming Up) 予告イメージをサプライズ公開し、Aprilのカムバックを公式に発表した。

公開された予告イメージには、パステルトーンを背景にAprilのカムバック日を意味する「2017. 1. 4. 00:00AM」というコメントが書かれている。またまるで小道具屋に並んでいる人形のように多彩なポーズを取り、可愛い衣装を着たメンバーたちの後ろ姿が新アルバムに対する期待感を高めている。これに新しいスタートを知らせる序曲という意味を持ったアルバム名「Prelude」が表記され、Aprilの成長と跳躍を暗示した。

これに対してDSPメディア側は「Aprilが1月4日でカムバック日を最終的に確定し、現在アルバムの後半準備に拍車をかけている。新アルバム名は音楽での序曲を意味する『Prelude』で、新しいメンバーを迎え入れて新たに再編したAprilの音楽的な成長の序幕を意味するものでもある。これからAprilがどんな姿に変身し、成長していくのか、今回のアルバムを皮切りに暖かい目で見守ってほしい」と伝えた。

最近Aprilは従来のメンバーであるチェウォン、ナウン、イェナ、ジンソルに新メンバーのチェギョン、レイチェルを迎え入れ、6人組で再編した。

新メンバーのチェギョンは今までオーディション番組「KARA PROJECT」と「プロデュース101」に出演して以来、プロジェクトグループC.I.V.A,とI.B.Iを通じて着実に活動し、力量を築いてきた。

レイチェルは米ポートランドで留学し、7年間築いてきたバレエの実力で各種大会で受賞した。その才能を認められてオーディションに合格し、Aprilの新しい活力素として合流することになった。