自分のショーを見に来たドレイクとツーショット写真を撮ったジェニファー・ロペス instagramより

写真拡大

47歳の歌手ジェニファー・ロペスが、30歳のラッパーのドレイクと一緒にいるところを最近目撃されている。

ドレイクは現地時間19日にウエスト・ハリウッドにあるレストラン「Delilah」で行ったプライベートディナーパーティーにジェニファーを招待。2人は同じ車に乗ってレストランから去っていくところを写真に収められた。また、ドレイクはジェニファーがラスベガスで行っているショーを最近2回見に行っていて、ジェニファーはドレイクとのツーショット写真をインスタグラムに公開していた。

関係者はゴシップ誌「Usウィークリー」に「彼らは新しい音楽のために一緒に仕事をしています」「もし、それが何か(ロマンス)に発展したのなら、私は分かりません」とコメントしている。

ドレイクは大晦日にラスベガスのナイトクラブ「Hakkasan」でニューイヤーズ・イブのイベントを行う予定で、ジェニファーはフロリダ州マイアミのナイトクラブで行うはずだったニューイヤーズ・イブのイベントを自分と家族の時間のためにキャンセルしたという。

ジェニファーは今年8月に29歳のダンサーのキャスパー・スマートと破局し、一方のドレイクは今年10月に歌手のリアーナと破局したと伝えられていた。