「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」 (C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

写真拡大

 映画芸術科学アカデミーが、アカデミー賞視覚効果賞のノミネートの最終候補作品を発表した。現在、公開中の「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」など計10作品が候補となった。

 スタジオ別では、ディスニーが最多で「ジャングル・ブック」「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」「ドクター・ストレンジ」「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」の5作品。ストップモーションアニメの「Kubo and the Two Strings」も入っている。アカデミー賞ノミネート発表は2017年1月24日。授賞式は2月26日。

 アカデミー賞視覚効果賞ノミネートの最終候補作品は以下の通り。

「メッセージ」
「BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント」
「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」
「ディープウォーター・ホライゾン(原題)」
「ドクター・ストレンジ」
「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
「ジャングル・ブック」
「Kubo and the Two Strings」
「パッセンジャーズ」
「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」