『カフェ・ソサエティ』

写真拡大

ウディ・アレンの新作映画『カフェ・ソサエティ』が、5月から東京・有楽町のTOHOシネマズ みゆき座ほか全国で公開される。

【もっと画像を見る(2枚)】

『第69回カンヌ国際映画祭』のオープニングを飾った同作は、1930年代のハリウッドを舞台にした作品。映画産業で働くことを夢見てニューヨークからやってきた青年の恋と、映画スターや著名人が集まるきらびやかな上流階級社会「カフェ・ソサエティ」の熱狂を描く。

キャストは、ウディ・アレン監督作『ローマでアモーレ』にも出演したジェシー・アイゼンバーグをはじめ、『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワート、ブレイク・ライブリー、スティーヴ・カレル、パーカー・ポージーら。ナレーションをアレン監督自身が務めている。衣装はシャネルが協力しており、劇中には同作のために制作されたドレスも登場する。