20日、観察者網は記事「潜水機事件で日本が口出し、『関係ない』と中国外交部が返答」を掲載した。南シナ海で中国海軍艦艇が米軍の無人潜水機を拿捕した事件で、思わぬ場所に火の粉が飛んでいる。

写真拡大

2016年12月20日、観察者網は記事「潜水機事件で日本が口出し、『関係ない』と中国外交部が返答」を掲載した。

南シナ海で中国海軍艦艇が米軍の無人潜水機を拿捕した事件で、思わぬ場所に火の粉が飛んでいる。菅義偉官房長官は19日の記者会見でこの問題に言及し、「適用した国際法など中国は国際社会に明確に説明するべきだ」と発言した。

翌20日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は定例記者会見で日本の“口出し”について、「余計なことを心配しすぎだ。この件は日本とどのような関係があるのか」ととりあう姿勢を見せなかった。(翻訳・編集/増田聡太郎)