行列必至!ハード系パン好きにはたまらない、大阪「ルシュクレクール」の芳醇バゲット

写真拡大

「パンめぐ」編集長がお届けする12月のマンスリーコラムは、11月に引き続き「めぐりストと巡るパン屋さん特集」です。

【絶品バゲット&クロワッサン】職人技にパンマニア感動!ヨーカドー×神戸屋工場見学で迫る「おいしさの秘密」

実はまだご紹介できていないお店があるのです。

また、私がテレビの収録で関西に行ってきまして、せっかくなので翌日まるっと大阪のパン屋さんを巡りをしてきました。

そちらのご紹介も含め、盛りだくさんな情報を配信して参ります!

行列覚悟の「ルシュクレクール」

第3回目は北新地にあるLE SUCRE-COEUR。

以前は岸部にあったこちらのお店、今年の5月に北新地の新ダイビルに入ったことで、利便的にはかなり行きやすくなったと聞いて関西に行く機会があれば必ず行こう、と心に決めておりました(ちなみに、北新地が本店になりますが、岸部のお店もいまは再開しているようです)。

並ぶこと必至、とはお聞きしていたので覚悟はしていましたが、オープンから半年たっているのでもう大丈夫じゃない?なんて思っていたら甘かったですね(笑)。

でも30分ほどで入れたのでラッキーだったと思うことにします。

といっても、私、ルシュクレクールのパンを食べるのは初めてではないんです。

実は日本橋コレドに入っているla bonne tableで食べられることを知り、本店に行くより一足先に都内で食べていたのです。

多分、私が都内で食べたパンはパングロラミジャンというカンパーニュのようなパンだったと思うのですが、せっかくですから違うパンも食べたい、と定番的に人気だというクロワッサン、バゲットを購入。

売り切れ注意!「パンドミ」をゲット

そして、行列の中待っている間にスタッフの方に聞いて気になっていたパンドミ。

一度売り切れてしまって、次回何時に販売できるか分からないとのことだったので諦めていたのですが、ちょうどオーダー時に焼きあがったのでこちらも購入。

クロワッサンは、しっかりタイプ。

バターがじんわり口の中に広がるのだけれど、しつこくない。

バゲットはカットする前から香ばしいだけでなく粉なのか、酵母なのか、それらの香りが鼻をくすぐり、かなり私好みなバゲットでした。

今回の大阪パン屋さんめぐりは、帰京しなければならない時間が決まっていたりで3軒しかまわれませんでしたが、大阪のパン屋さんのレベルの高さに感動しました。

気になっていながら今回まわりきれなかったパン屋さんもあるので、次回、大阪に行った際にはそちらのお店にも行ってみよう、と鼻息荒く思っています。

LE SUCRE-COEUR(ルシュクレクール)
住所:大阪府大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル 1F
電話番号:06-6147-7779
営業時間:11:00〜21:00(L.O.20:30)
定休日:月曜日・日曜日