“活動休止”EXID ソルジ、SNSでファンに心境告白「心配かけてごめんね」

写真拡大

甲状腺機能亢進症(バセドウ病) の診断を受け、活動の中断を決定したガールズグループEXIDのメンバーソルジがファンに申し訳ない気持ちを伝えた。

ソルジは21日、自身のInstagram(写真共有SNS) に笑っている花の絵をアップロードし、ファンに向けたメッセージを書き込んだ。

ソルジは「皆さん!たくさん心配しましたよね?薬を飲んで早く治るのであまり心配しないでください。皆さんが驚きすぎて申し訳なく思っています。今年の年末ステージに立つことができなくてとても残念です。メンバーたちの素晴らしいステージをたくさん応援してください!早く治って元気な姿を見せますね。心配かけてごめんなさい。ありがとうございます。愛しています!アジャアジャジャ!」と書き込んだ。

先立って20日、EXIDの所属事務所バナナカルチャーエンターテインメントはソルジが甲状腺機能亢進症と診断され、予定されていた地上波の年末授賞式はソルジを除いたLE、ハニ、ヘリン、ジョンファの4人でステージに立つことになると明かした。

甲状腺機能亢進症は甲状腺から分泌されるホルモン(T3およびT4) が何らかの原因によって過剰に分泌されて、甲状腺中毒症を起こす状態である。