【響きだけ】日本一強そうな駅名ランキング 2位は「合戦場駅」

写真拡大

名前から「強そう」とか「怖そう」って場所、結構ありますよね?
行くことの無い地名だと知る機会もなかなか無いのですが、駅名だと割りと簡単に調べることができます。

そこで今回は「日本一強そうな駅名」を調査・ランキングにしてみました。
どんな字面の駅名が、日本一強そうに見えたのでしょうか?

1位 強羅駅
2位 合戦場駅
3位 毘沙門駅
4位以降のランキング結果はこちら!

1位は神奈川県の「強羅駅」!


神奈川県にある箱根登山鉄道の駅「強羅駅(ごうらえき)」が堂々の1位に輝きました。
1919年(大正8年)開業というかなり歴史ある駅で、鉄道と箱根登山ケーブルカーをつなぐ駅でもあります。

「強羅」の由来は2〜64mmの火山岩片、火山礫(かざんれき)という石を当時の地元で「ごうろ」と呼び、それが散乱した荒れ果てた地だった事だと言われています。
強いイメージがあったのですが、実際は荒れ地を想像させる言葉でしたね。

2位は栃木県の「合戦場駅」!


栃木県にある東武鉄道日光線の駅「合戦場駅(かっせんばえき)」が2位にランク・インしました。
1523年(大永3年)に宇都宮忠綱と皆川宗成両軍が当地で合戦をした、河原田合戦に由来して付けられた駅名だそうです。

3位は青森県の「毘沙門駅」!


青森県にある津軽鉄道津軽鉄道線の駅「毘沙門駅(びしゃもんえき)」が3位を獲得しました。
残念ながら駅名の由来などは発見する事ができませんでしたが、仏教における天部の仏神「毘沙門天」を彷彿とさせる字面だけに、かなり強そうに見えますね。

いかがでしたか?
筆者的には7位の「宮本武蔵駅」が色んな意味で強そうだと思いました。

今回は「日本一強そうな駅名ランキング」をご紹介させていただきました。気になる4位〜48位のランキング結果もぜひご覧ください!

調査方法:gooランキング編集部が「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名:複数回答)
調査期間:2016年11月4日〜2016年11月9日