19日、駐チリ韓国大使館に勤務する韓国の外交官が、現地の未成年の少女にセクハラ行為をする映像が公開され、大きな波紋を呼んでいる。

写真拡大

2016年12月19日、駐チリ韓国大使館に勤務する韓国の外交官が、現地の未成年の少女にセクハラ行為をする映像が公開され、大きな波紋を呼んでいる。

チリのあるテレビ局は15日、時事番組の予告編をネット上に公開した。予告編には韓国人外交官が現地の未成年の少女と会話中に突然キスをしようとする様子や、嫌がる少女の手首をつかんで強引に室内に連れ込み、身体接触を試みる様子が映っている。

また、番組関係者がセクハラ行為を撮影した事実を伝えると、外交官は手で顔を覆い、「お願いだ」と訴えた。被害に遭った少女は 「恥ずかしくて自殺も考えた」と涙ながらに話している。

韓国外交部は同外交官について、「今年9月に現地の女子学生に韓国語を教える中で、セクハラとみられる行為をした疑いが持たれている」と明らかにした。(翻訳・編集/堂本)