写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ニールセンは12月20日、スマートフォン視聴率情報「Nielsen Mobile NetView」、PC版インターネット視聴率情報「Nielsen NetView」のデータをもとに集計した、2016年の日本におけるPCとスマートフォンの2スクリーンでのインターネットサービス利用者数ランキングを発表した。

PCからの利用者数トップ10のサービスにおいて、利用者数が最も多かったのは「Yahoo!」で、2位の「Google」よりも約1200万人多い、3412万人が利用していた。

一方、最も利用者数の多かったスマートフォン・アプリは4年連続「LINE」となった。その利用者数は2015年から668万人増加して4353万人となり、第2位から第6位までのアプリよりも対前年増加率が高く、2位以下を引き離す形となった。

スマホアプリのトップ10のうち、増加率が高かったのは「Twitter」と「Yahoo! JAPAN」アプリで、それぞれ2015年から「Twitter」は26%、「Yahoo! JAPAN」は33%利用者を増やした。

また、新作のスマートフォンアプリのうち、2016年10月時点で最も利用者数の多かったアプリは「Pokemon GO」だった。

平均月間利用者数ではトップ10入りしなかったが、リリース当初の7月や8月はトップ10入りし、2016年10月時点でも1126万人が利用し、ゲームカテゴリー内で利用者数1位となっていた。

2位は動画コミュニケーションアプリの「スノー SNOW」(382万人)、3位はインターネットテレビアプリの「AbemaTV」(380万人)で、5位には日本コカ・コーラのアプリ「Coke ON」がランクインした。

(辻)