オバマ米大統領は20日、海洋資源を保護するため、北極圏の米海域の大半と大西洋の一部について新たな石油・天然ガスの掘削を禁止した。

 大統領は今回、「公共の目的」を理由に一部の資源区域をリース・掘削の対象から除外する権限を大統領に認めた1950年代制定の外縁大陸棚法を適用した。

 トランプ次期大統領にこの除外指定を取り消す権限はなく、覆すには法廷で争うしかない。

 オバマ大統領が掘削を禁止した区域は、アラスカ沖のチュクチ海、ボーフォート海の大半、北東部ニューイングランドからチェサピーク湾までの大西洋海域。

 今回の措置はカナダと合同で発表された。

 オバマ大統領は20日の声明で、合同での規制について「両国の高い安全基準をもってしても、同海域への油流出リスクは非常に高く、厳しい自然条件下でわれわれが流出油を除去できる力は限られるとの科学的な評価に基づく」と説明した。

 カナダは、北極圏のカナダ海域全域を今後の洋上石油・ガス権益リースの除外区域に指定。5年ごとに見直すとした。

[ワシントン 20日 ロイター]


120x28 Reuters.gif

Copyright (C) 2016トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます