25億円以上の豪邸でホリデーを過ごすマライア・キャリー instagramより

写真拡大

歌手のマライア・キャリーが、クリスマスバケーションのためにコロラド州アスペンで2200万ドル(約25億7400万円)相当の豪邸を借りたそうだ。

マライアは実業家のジェームズ・パッカー氏との破局が伝えられた今年10月に、日系ダンサーのブライアン・タナカと熱愛を噂されることに。マライアとブライアンは先月ハワイでキスしてラブラブな姿を写真に収められた。

そして、そんなマライアがアスペンにある豪邸を借り、すでにブライアンと元夫ニック・キャノンとの5歳の双子モンローちゃんとモロッカン君とスキーをたのしんでいるとのこと。マライアは下着姿で大きなクリスマスツリーの前に立っている写真をインスタグラムにアップし、「私たちの家族のための美しい家でこの優雅なツリーとクリスマスの気分に!」と投稿し、ブライアンはスキーの服を着てポーズをとる写真を公開している。

目撃者はゴシップサイト「ETオンライン」に「彼らは手をつないで歩き、いつもとても愛情深く接しています。いつもキスしていますよ」と話し、「明らかに彼氏と彼女です」とコメント。マライアは現地時間31日にニューヨークで行われる大晦日の特別番組「Dick Clark's New Year's Rockin' Eve with Ryan Seacrest」に出演する予定で、関係者は「彼らは彼女がニューイヤーズ・イブにタイムズ・スクエアでパフォーマンスする前まで素晴らしくて、ロマンチックな旅行をし、リラックスした家族の時間をたのしみます」と話している。

さらにブライアンはマライアの子供たちと一緒にダンスして遊んでいるそうで、子供たちに気に入られているとのこと。また、マライアの元夫ニックも今週アスペンに来て、ホリデーを一緒に祝うという。

マライアは新恋人と子供たちと素晴らしいクリスマスを過ごすことができそうだ。