華やかな世界観が楽しみ!
 - (C) 2016 GRAVIER PRODUCTIONS, INC.

写真拡大

 ウディ・アレン監督の最新作『Cafe Society』の邦題が『カフェ・ソサエティ』に決定し、2017年5月より日本公開されることが明らかになった。

 2002年の『さよなら、さよならハリウッド』、2011年の『ミッドナイト・イン・パリ』に続き、監督としては史上初となる3度目のカンヌ国際映画祭での開幕上映作品となった本作は、観る者すべてを陶酔と狂騒の渦に巻き込むロマンチックコメディー。1930年代のハリウッドを舞台に、映画業界で働くことを夢見てニューヨークからやってきた青年が美しい女性と恋に落ち、時代の象徴とも言える映画スターや著名人が集まるきらびやかな上流階級社会“カフェ・ソサエティ”の熱狂に陥ってゆくさまを描く。

 キャストには、『ソーシャル・ネットワーク』などのジェシー・アイゼンバーグ、『トワイライト』シリーズのクリステン・スチュワートをはじめ、ブレイク・ライヴリー、スティーヴ・カレル、パーカー・ポージーといったそうそうたる顔ぶれが集結し、アレン監督自らがナレーションを担当している。また、撮影監督には『地獄の黙示録』などで3度のオスカーに輝くヴィットリオ・ストラーロが名を連ね、アレン監督との初タッグにして、両者にとって初のデジタル撮影で挑んだ。

 併せて場面写真も公開され、クリステン&ブレイクの美女2人がシンプルながらもうっとりするようなドレス姿を披露。とくにシャネルのミューズとしても活躍するクリステンは、ファインジュエリーと、この映画のために作られたオフホワイトのシルクとレースのドレスを堂々と着こなしている。アレン監督が描き出す、エレガントで華やかなハリウッドの黄金時代に期待が高まる。(編集部・石神恵美子)

映画『カフェ・ソサエティ』は2017年5月よりTOHOシネマズ みゆき座ほか全国公開