写真提供:マイナビニュース

写真拡大

レッドハットとパナソニック インフォメーションシステムズ(パナソニックIS)は12月20日、レッドハットのオープンソース・ソフトウェアを活用したITソリューションの提供における戦略的協業を開始すると発表した。

両社は、パナソニックISのシステム構築力、自社データセンターを活用して提供するシステム運用サービスと、レッドハットの有するオープンソース・ソフトウェアの技術を融合させることにより、業種・規模を問わず幅広く課題を解決するソリューションを提供する構え。

具体的には、Red Hat Enterprise Linuxを共通の基盤とした、クラウドへの移行支援、運用の効率化、また、ハイブリッドクラウド環境の運用サポートを行う。

また、柔軟で堅牢なプライベートクラウドを構築するために、Red Hat OpenStack Platform の導入を支援するほか、ビジネスアジリティの向上を目指したDevOps の推進や、コンテナプラットフォームとしてRed Hat OpenShift Container Platform の導入を支援する。

さらに、企業IT の構成管理の自動化を促進させるために、IT 自動化フレームワークのAnsible Tower 導入とIT オートメーション環境の構築を支援するとしている。

パナソニックISは12月より、新たにオープンソースチームを発足、レッドハットのエンジニアとの技術交流を深めながら、オープンソース・ソフトウェアを活用したシステム・インテグレーションビジネスの展開に向けた取り組みを開始する。

(辻)