写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●悪性は腫瘍の成長速度が速い
脳は私たちの思考や行動を司る唯一無二の存在である。その代表的な疾患で患者数や死亡例が多いのが脳出血や脳梗塞をはじめとする脳卒中だ。一方で、罹患(りかん)する割合こそ少ないものの、脳腫瘍も私たちを死へと誘う重篤な疾病として忘れてはならない。

ただ、一口に脳腫瘍と言ってもその種類は多岐にわたり、どの脳腫瘍に罹患したかで予後も全く変わってくる。今回は高島平中央総合病院脳神経外科部長の福島崇夫医師に、脳腫瘍の種類とそれぞれの特徴に関して話を聞いた。

○原発性と転移性の違い

脳腫瘍は脳に発生する腫瘍(身体の一部の組織や細胞が病的に増殖したもの)の総称で、良性と悪性の2種類がある。良性は細胞の増殖スピードが遅く、悪性は速い。もちろん、私たちを死に至らしめるのは後者だ。

一般的にがんが「ステージ」という言葉を用いてその進行具合を表現するのに対し、脳腫瘍は「グレード」という言葉を使用する。WHOが定めるグレードはI〜IVの4段階で、IVが最も重度の腫瘍を意味する。そして、「何が原因で腫瘍が発生したか」という観点に基づくことで脳腫瘍は以下の2つに大別できる。

■原発性脳腫瘍……脳を構成している組織が腫瘍化したタイプ。

■転移性脳腫瘍……脳以外の部位でできた腫瘍が転移してきたタイプ。脳と場所が近く、患者数も多い肺から腫瘍が転移してきたパターン(※国立がん研究センターの「2015年のがん罹患数、死亡数予測」によると、2015年の予測肺がん罹患数は13万3,500人)がポピュラーとなる。

この2種類のうち、原発性脳腫瘍はさらに細分化できる。福島医師にその中から代表的な4つを解説してもらったので次ページ以降に詳細をまとめた。

●平均余命が1年という恐怖の膠芽腫

神経膠腫(しんけいこうしゅ)

神経膠(こう)細胞という脳の神経細胞の周りをサポートする組織から発生している。浸潤(しんじゅん)性が高く、腫瘍の悪性度はIからIVの4段階に分類されている。小児は軽度のIが一般的で、成人になるにつれてグレードが上がっていき、IIIやIVは比較的高齢者に多い。男女比でいうと、男性の方がなりやすい。

福島医師は脳腫瘍の中で神経膠腫が最も恐ろしいと話す。その理由の一つに再発時にグレードが悪化する「悪性転化」がある。

「例えばグレードIIの神経膠腫でも、何年かして再発した際に悪性転化といって悪性度が増すことがあります。IIからIII、ないしは一気にIIからIVになるということですね。これは神経膠腫に特異的に見られる現象で、何らかの遺伝子変異が加わり、腫瘍の悪性度が上がると考えられていますが原因ははっきりとわかっていません」。

もう一つの理由がグレードIVの「膠芽腫(こうがしゅ)」の予後の悪さ。大脳に発生し、周囲の脳に浸潤して広がっていくこの腫瘍は高齢者に圧倒的に多い。進行速度も速いため、この段階になると平均的な余命は1年程度だという。

「グレードIIでも、数年後に再発して悪性転化をしてしまうと最終的にはグレードIVに行き着いてしまい、かなり予後が悪くなってしまいます。そのため、実質的にグレードIIと診断された時点からの全生存期間は平均で7〜8年、同じくグレードIIIと診断されてからは3〜4年が平均余命になるのではないでしょうか」と福島医師は話す。

神経膠腫の治療は摘出手術が一般的で、腫瘍の摘出量の多寡が予後に反映されるという医学的根拠もある。それにプラスする形で、グレードII以上では放射線治療を、グレードIII以上の重度な患者に対しては放射線治療に加えて化学療法をそれぞれ複合的に実施していく。

髄膜腫(ずいまくしゅ)

脳の表面を保護している髄膜に発生する脳腫瘍。基本的には良性が多く、男女比でいうと女性、特に40〜50代の中高年によくみられる。基本的には経過がゆっくりであるため、かなりのサイズまで腫瘍が大きくならないと見つからないことも。一方で、近年は自己管理の一環として脳ドックを実施し、その際にたまたま早期段階で発見されるケースも増えてきている。

「ほとんど良性ですが、一部に脳の細胞内に浸潤しているものや、脳の細胞分裂がとても早くて再発しやすいものもあります。グレードはIからIIIまでありますが、ほとんどはIです。グレードIだと手術して経過観察がほとんどですが、IIとかIIIだと手術した後に放射線治療を行うこともあります」。

●眼科や耳鼻科の紹介で脳腫瘍が発見される理由

下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)

大脳の下、眉間の奥あたりに位置し、副腎皮質刺激ホルモンや甲状腺刺激ホルモンなどのさまざまなホルモンを分泌する下垂体と呼ばれる部位にできる腫瘍。ほぼすべてが良性で比較的女性に多い。ホルモンを過剰に分泌する(ホルモン産生腺腫)タイプとホルモンを全く分泌しないタイプ(非機能性腺腫)がある。

「ホルモン産生腺腫だと、成長ホルモンが過剰に分泌されて身長が非常に大きくなる『巨人症』が有名ですね。これは骨端線(骨の成長に関与する軟骨層)が閉じるまでの症状で、閉じた後だと体の末端に成長ホルモンが作用して手足が太くなります」。

具体的には「今まではいていた靴や、身につけていた指輪のサイズが合わなくなる」「骨や唇が厚くなる」「舌が大きくなり、寝るときによくいびきをかく(睡眠時無呼吸症候群)」などの変化がみられると、成長ホルモンに関する下垂体腺腫が疑われる。また、副腎皮質刺激ホルモンが多く分泌されると急激な体重増加や血圧が高くなるといった症状が現れるほか、下垂体腺腫によって視神経が圧迫されたために視界が狭くなるという症状も出てくる。

このように下垂体腺腫はさまざまな影響を身体に及ぼすため、一見して眼科や内科分野と思われる症状の裏にも、脳腫瘍が潜んでいる可能性があると知っておいてほしい。

神経鞘腫(しんけいしょうしゅ)

末梢神経を構成する「シュワン細胞」と呼ばれる細胞から生じた腫瘍。基本的に良性であるため、腫瘍の成長は遅い。小児よりも成人にみられ、その中でも特に中年女性に多い。

「最も多いのは前庭神経鞘腫と呼ばれる聴神経から発生するケースです」と福島医師は解説。「最近、耳が聞こえづらい」と耳鼻科を受診しても、難聴を加齢のせいにされてしまう人は少なくないが、実はこの脳腫瘍が原因の症例もあるという。

神経鞘腫が難聴の原因の場合、腫瘍が大きくなると周辺に平衡感覚を司る小脳があるため、ふらつきや頭痛といった付随症状も伴うようになるため、これらの症状が腫瘍発見のサインとなりうる。

○ちょっとした症状でも変化に注意

国立がん研究センター 希少がんセンターによると、国内における年間の脳腫瘍発生頻度は約2万人(脳腫瘍全国統計2001-2004のデータに基づく)で、最も予後が悪い膠芽腫の患者は毎年約2,000人発生しているという。決して多くない数字かもしれないが、上述の4つ以外にも脳腫瘍の種類は存在するため、それに伴って現れる症状は膨大だ。

それだけに「物が見えづらくなった」「顔つきがちょっと変わった」というちょっとした変化でも、その症状が進行してくるようだったらきちんと医療機関を受診してほしい。

○記事監修: 福島崇夫(ふくしま たかお)

日本大学医学部・同大学院卒業、医学博士。日本脳神経外科学会専門医、日本癌治療学会認定医、日本脳卒中学会専門医、日本頭痛学会専門医、日本神経内視鏡学会技術認定医。大学卒業後、日本大学医学部附属板橋病院、社会保険横浜中央病院や厚生連相模原協同病院などに勤務。2014年より高島平中央総合病院の脳神経外科部長を務める。

(栗田智久)