2016年12月19日、イタリアのスーパーカーブランドであるランボルギーニが、V12気筒エンジンを搭載したフラッグシップモデル・アヴェンタドールを大幅改良し、性能を向上させたアヴェンタドールSを発表しました。

1

アヴェンタドールSのエクステリアデザインは、サイドビューは従来モデルの特徴を残していますが、今回意図無く修正されたコンポーネンツは一つもありません。

フロントはより攻撃的な印象となったノーズと、長さを増したフロントスプリッターが空気の流れを変化させ、空力効率を高めるだけでなく、エンジンとラジエターの冷却効率も向上させています。

リアは車体後部の大半を占めるブラックのディフューザーによって、ダウンフォースを発生させます。

さらに、新たにシャシー下に取り付けられたボーテックス・ジェネレーターと連動する可動式のアクティブウィングによって速度やドライブ、セレクトモードに応じて、3つの位置のいずれかに移動可能。改良されたクルマ全体のバランスを最適化します。

大幅にデザイン変更されたアヴェンタドールSは、従来のモデルと比べるとフロントのダウンフォースが130%増加。リアウィングが最適位置にある状態では、高ダウンフォースでの全体効率が50%増加し、抵抗力での全体効率が400%以上増加しています。

搭載される6.5L V12気筒エンジンは、可変バルブタイミングのVVTや可変インテークシステムのVISを最適化することで、最大出力は従来型を40ps上回り最大出力740psを発生。最大トルクは690Nmを8500rpmで発生します。

組み合わされるミッションはランボルギーニISR7速シフティングシステム。50ミリ秒以内という電光石火のシフトチェンジが行えます。

ハイパワー化されたアヴェンタドールSには様々な電子デバイスが搭載されています。

その中で、ランボルギーニの生産車初採用となった新四輪ステアリングシステムがあります。このシステムによって低速および中速域での俊敏性性が高まるとともに、高速時の安定性が向上しました。

そして新四輪ステアリングシステムに合わせて、修正を施した最新式のプッシュロッドおよびランボルギーニ磁気粘性サスペンションを搭載。

さらにこれらの電子デバイスを管理するランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・アッティーヴァ(LDVA)制御ユニットを統合。これにより、全センサーからリアルタイムで車体動作関連情報を受信し、瞬時に稼働中のシステムにとって最適な設定を決定します。

アヴェンタドールSにはトラクション(エンジン、ギアボックス、4WD)、ステアリング、サスペンションの挙動をドライバーの気分に応じて自由に選べる4種類のドライビングモードを用意しています。

日常使用に最適なストラーダ。スポルトはリアドライブならではのドライビング感覚を楽しみたいときに、コルサはサーキットでパフォーマンスを最大限発揮させたいときに最適なモードです。そして今回追加されたエゴは従来の3つの設定をベースにドライバーの好みに応じてカスタマイズ可能なモードです。

カーボンモノコック採用し、車両重量を1575kgに抑えたアヴェンタドールSは0-100km/h加速は2.9秒。最高速度350km/h以上というハイパフォーマンスを実現しています。日本に導入される日が待ち遠しいです。

(文・萩原文博、写真・ランボルギーニ・ジャパン)

大幅改良されたアヴェンタドールSは、スーパーカーの新基準となる!?(http://clicccar.com/2016/12/21/428245/)