C Channel社長・森川亮氏

写真拡大

「結果を出している人」はどのように考えているのか? C ChannelやLINEの社長を務めた森川亮さんに、事業ヴィジョンの描き方を聞きます。

スタートアップ企業のみならず、大企業でも新規事業に取り組む会社は増えている。しかし事業の将来についてヴィジョンをどのように描くかは、最も苦労するところではないだろうか。

縦型動画というフォーマットで、女子向け動画ファッションマガジンという、先駆的なサービス「C Channel」を提供するC Channel株式会社の森川亮社長は、その前にLINE社長として同サービスを開発し、成功させた人物だ。森川氏は、どうやって未来を予測し、事業ヴィジョンを描いているのか。その考え方を伺った。

■“今強い人”は新しいものを軽視しがち

――もともと森川さんは日本テレビの出身ですが、スマートフォン向け動画メディアを始めようという事業ヴィジョンを思いついたのは、どういういきさつだったのでしょうか。

【森川】メディア業界は今のままではまずいと思っています。最近で言うと、悪いことばかり配信して、それを受けとる若い人たちが自信を無くすとか。たとえば社長はいろいろいるのに、悪い社長ばかりメディアに出ていると、「社長になりたくないから起業したくない」と若い人が思ったり……そういう空気があったので、もう少し(メディア業界を)ポジティブなメッセージを発信する業界に変えたいと思ったんです。

それを具現化するために何が必要なのかを落とし込んだとき、変わるためには、テレビに代わるようなデジタルのメディアを作らなきゃいけない。デジタルメディアの状況が今は文字から写真、写真から動画になっている。だから動画メディアで変えようと考えたわけです。

――森川さんは、日テレ時代からインターネットの可能性を感じていたと思いますが、どういうふうに考えていましたか。

【森川】昔、テレビが生まれる前は映画が強くて、新しくテレビが出てきたときに、映画業界の人は結構馬鹿にしていた。今強い人たちは新しいものを馬鹿にする傾向があるのです。テレビの人もインターネットを馬鹿にしていたけれど、インターネットが出てきてから多くの人に使われるまでのスピード感がものすごかったので、「これは間違いなく伸びるだろうな」とは思いましたね。

計算してみればわかると思うんですが、ゼロから始まってここまで伸びたことを考えると、10年後にどうなっているかはある程度想定できるわけです。スマートフォンが出たときもそうだったんですが、なぜか皆さんあまり将来像を見たがらない。高齢化問題もそうですし、計算すれば簡単に出る話をなぜ皆さんは否定するのか。むしろそれが分からない。でも一般的にはそういうことが多いですよね。

――人口問題などと同じく、ある程度は予測できる未来ということですね。しかし新しいものはたくさんあります。流行るものもあれば、消えていくものもありますが、どうやって見極めているのですか。

【森川】まずは伸びの角度の問題です。伸びの角度が高ければ、もっと伸びる可能性がありますよね。低ければ低くしか伸びないかもしれないですよね。でも角度が高くても、その伸びている理由が一部の人しか使わないような、たとえば秋葉原のオタクが買ったから伸びていたとすると、オタクの人数を考えたら、将来の伸びは厳しいかなという読みになります。でも、普通の人たちが使って伸びたとしたらどんどん伸びる、そういうことです。

■「普通の人が知っている」ぐらいが適切なタイミング

――「大まかな将来のヴィジョンが見えていても、早すぎてはいけない」という話を、森川さんはよくしていますね。

【森川】事業としてやるからには、やはり儲からなければいけなくて、儲かるためにはやはりそこに共感してもらわないといけない。共感を呼ぶためには、理解できなきゃいけないですよね。新しすぎると理解できないので、なかなか難しいところなんです。総論賛成、各論反対みたいなものが大概あるので、そうならないためにはタイミングが重要です。

――早すぎるとやっぱり理解されなくて、事業として回らなくなる、と。

【森川】よくあるのが、人よりも早くやっていろいろ失敗し、ようやく波が来たときに資金が切れて、他が真似して成功する……というようなこと。最悪のパターンですよね。それなら、タイミングが来るまである程度待っているほうがいいと思いますね。

――「このあたりを見ればタイミングがわかる」という目安はありますか。

【森川】まずは、先行指標的なものがあるかどうか。あと、普通の人は最先端の人よりも遅れているというのがあります。最先端の人は新しいものに飛びつくから知っているけれど、普通の人がそれをどれだけ認知しているか。うちの奥さんみたいなIT知識がそれほどない人でも「いいね」って言い出したら、それはちょっともう遅いぐらいですね。

――普通の人が「いいね」と言うのでは遅くて、「知ってる」というぐらいがちょうどいいんですね。

【森川】そうですね。たとえばLINEで言うと、スマホを最近買ってLINEを使いたいというのは、すごくいい状況ですよね。さらにおじいちゃんもLINEを使いたいとなると、かなりいい状況ですよね。だから、この人がいいっていい始めたら、ちょうどいいタイミングだというのを見るようにしています。IT業界にいると、たとえばIoTやビッグデータとか当たり前のように思いますけど、田舎に行って「IoT」って言っても「何ですか?」ってなりますから。

――それが想像できるようになってくると、流行るなということが分かるようになってくるということでしょうか。

【森川】はい、そういうのは結構重要だと思います。昔の話なんですが、ソネット(So-net)さんが「ADSLはソネット」っていうCMをやっていたんです。田舎に行って「ADSLって知ってる?」って聞いたら、「ソネットでしょ」って言ったんですよ(笑)。

――認知はされていたけど、ADSLが何なのかは理解されていなかったということですね。

■人は、自分が欲しいものが意外とわからない

――ITやスマホがゼロからここまで伸びてきましたが、この先を読むのはすごく難しいと思います。未来予想図をどうやって描いていくのでしょうか。

【森川】それはさっきお話ししたように、「誰が使っているか」ですね。オタクが使ってるものはオタクの人口が少ないのでそれほど伸びないと思うんですけれど、普通の人たちが使い始めてそれで成長しているとなると、伸びるだろうなと。

――アメリカで流行ったことが、何年か後に日本で流行るというパターンがこれまではいろいろありました。今でもヴィジョンの描き方としては有効でしょうか。

【森川】どちらかというと、社会がどうあるべきかみたいなものがすごく重要と思っていて、それをどれだけヴィジュアル化できるかが、それがヴィジョンだと思いますね。もちろん、ビジネスとしてどういう形で狙うかでいうと、アメリカや中国がやり方としてかなり先行していますが。

――社会がどうあるべきかと、それを現実社会で実現するというのは、また別の話だと思いますが、どう考えていますか。

【森川】でも、人がこうなってほしいと思うことって、本当にその人たちがそう考えているか一概にはわからなかったりするんですよね。よく新商品のリサーチをすると、だいたい今までと違い過ぎると「欲しくない」という結果になるんです。でも使ってみると、ああ、いいじゃない? って新しい発見があったりする。未来の社会像に関しても、(考えていなかった姿が)目の前に現れたりすると、意外とよかったりする場合もあるのではないでしょうか。

――それまでは準備しておいて、タイミングを見ながら手をつけていくのが一番いいということでしょうか。

【森川】そうですね。あとはいろんな人を説得するとか、共感してもらうみたいなこともあるでしょう。AirbnbとかUberとかがそうですよね。サービス内容を説明すると最初は「そんなの怖くて使えません」という話になるんですけど、それを粘り強くやったことによって大きく広めた。もちろんこれは難易度が高いので、自分の力量を見極めた上でやらないといけない。特に日本の場合は難易度が高いものを受け入れにくい国民性なので、結構大変ですね。

■新規事業は、提案する側でなく「される側」の意識変革が必要

――これは社内の新規事業などでもそうですよね。たぶん、新しい事業を考えることよりも上を説得することのほうが難易度が高いという会社は多いのでは。

【森川】日本の企業でいつも矛盾だと思うのは、「ものすごく儲かるものを提案しろ」というので、ものすごく儲かるものを提案すると、「すぐに儲かるものを提案しろ」と言われることです。すぐ儲かるものと、ものすごく儲かるものというのは、全然アプローチが違うんですよね。そうすると誰も案が出せなくなって「案が出ないじゃないか!」という話になるんです(笑)。

――提案する側ではなく、される側の意識を変えないと、なかなかうまくいかないと。

【森川】そうですね。ただ、なかなかそれが変わらないから、新しい事業が生まれないと、そういう構造になってるんですね。本当に残念なことですけれど。

■新しい企画は「絞り込み」から生まれる

――C Channelが描いているヴィジョンを聞かせてください。

【森川】おそらくどんどんメディアがデジタル化するというのがひとつ。でも、今までのメディアを単純にデジタル化するだけでは足りないんですよね。よく映画をネットで流すとかテレビをネットで流すというのがありますが、それは本質的ではない。おそらくデジタルならではの新しいかたちが必要で、それを僕たちが具現化しようと思ってます。昔、映画からテレビに変わったときも、映画をテレビでそのまま流したのがよかったわけではなく、テレビオリジナルのコンテンツが最初に出た。

同じように、僕たちもまったく新しいものを作ろうとしてます。最近ドラマを始めたんですが、ドラマといってもいわゆるテレビドラマではなく、画面が縦長で、かつシミュレーションゲームのリアル版みたいなドラマ。そういうものを作りました。

――シミュレーションゲームみたいとは、どういうドラマなのでしょうか。

【森川】自分の主観目線で登場人物が話しかけてくれて、主人公が画面に出ないというものです。そういうネットならではの、またスマホならではの新しい領域を今作っています。

――そういう新しい企画はどうやって集めてくるのですか。

【森川】いろんなパターンがありますが、ある程度範囲は狭めますね。「何でもいいからおもしろいもの持ってこい」って言うと、なかなか出てこないので、「女性向けのドラマを作りましょう」となったときに、じゃあ、女性向けのドラマをスマートフォンで最適化するためには何が必要なんだろうという要素を洗い出して、それを具現化していくというやり方です。

――よく「新しいものを察知するためにアンテナを広げろ」みたいな言い方をしますけれど、ある程度絞ったほうがよいと。

【森川】一言で「新しさ」といっても、たとえば自社にとって新しいのか、日本にとって新しいのか、世界にとって新しいのかによって違います。日本とか自社にとって新しいことなら、先行して新しいことをやっているのを調べて、その要素を取り込めばいい。もともとC Channelの場合はそういうやり方をしていたんですが、世界でも最先端になってしまったので、真似する人がいなくなってしまった。そこまで来ると、まったく新しいものを考えなきゃいけない。それはむしろリサーチというよりは、自分の中で深く掘り下げて、その要素を引き出すとか、そういう形になりますね。

――最初に言っていた「社会のあるべき姿を考える」というのも同じアプローチでしょうか。

【森川】それもあるでしょうし、何か数値を見ることもあるかもしれない。たとえば高齢化みたいな話も、10年後、20年後、どういう人口構成になっていて、そのとき街はどうなっているかとか、政治はどうなるかみたいなことに落とし込んでいくというのをやります。

――その辺りはイメージのきっかけとしては、考えやすいかもしれないですね。

■若い起業家に伝えたいこと〜「ヴィジョンは有言実行で」

――森川さんは、今いろいろなベンチャー企業やスタートアップの社外取締役などを務めていますが、若い起業家はヴィジョンを最初に欲しがるかと思います。そういう時にどんなアドバイスをしていますか。

【森川】言葉も大事ですけれど、結局は行動が大事です。ありがちなのが、ヴィジョンはこうだって言っているのに、全然それと関係ないことをやっている人。社員にとっては、「やっぱりそんなもんか」という話になってしまうので、せめて本当にその人がなし得たいものをちゃんと言葉化することが重要ですね。

――本人は実は金銭欲や自己顕示欲が強いけれど、ヴィジョンとしては社会の変革を語っていたり。

【森川】「世界を変えたい」とか言いながら、全然世界と関係ないことをやったりすると、やっぱりそれは単なる言葉でしかないですから。かといって「金持ちになりたい」みたいなヴィジョンを掲げるのもね。そういう人たちが集まるなら別にいいですけれど、それよりも、「そもそも自分はどうならなきゃいけないのか?」を考えるの方が、ヴィジョンを持つきっかけになりますよ。

----------

【編集部より】森川さんがどのような考えでC CHANNELを始め、育てているのかについては、田原総一朗氏がじっくりインタビューしています。森川氏とC CHANNNELについて、詳しくは書籍『起業家のように考える』をお読みください。

----------

(村上 敬=聞き手 細谷滝音=構成)