日産の最上級ミニバンであるエルグランドは2010年8月の登場ですから、すでに6年半の月日が経っています。次期型は2018年あたりか? という噂もあがっています。

1

次期型の有無や登場時期などは別にして、いずれにしてもモデル末期であることは間違いなく、長いライフサイクルとなっているモデルを狙うのであれば特別仕様車がオススメ。

2016年12月19日に発売された「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」は、シートとドアトリムにプレミアムホワイトレザーを採用するというゴージャスな仕様。

シート表皮には本革(シートバック、シートサイド、アームレストおよびヘッドレストには人工皮革)を採用し、ギャザーを入れることで上質感が演出されています。

また、本革巻きステアリングとインストルメントパネルには、艶感のあるエレガントなブラックメープルフィニッシャーを用いていて、ブラックとホワイトのコントラストにより、高い質感が醸し出されています。

もちろん装備も強化されています。3.5Lモデルはインテリジェントクルーズコントロール、踏み間違い衝突防止アシスト、アラウンドビューモニターなどを特別装備。さらに、全車にパーソナルドライビングポジションメモリーシステムを用意しています。

価格は2.5Lの2WDが4,136,400円、4WDが4,428,000円。3.5L車の2WDが5,337,360円、4WDが5,628,960円です。

(塚田勝弘)

日産エルグランドにゴージャスな「ハイウェイスター ホワイトレザーアーバンクロム」を設定(http://clicccar.com/2016/12/21/427760/)