プロレスラー・棚橋弘至が舞台挨拶に登壇

写真拡大

 「仮面ライダー」のヒーローがスクリーン上で共闘する「MOVIE大戦」の第8弾「仮面ライダー平成ジェネレーションズ Dr.パックマン対エグゼイド&ゴースト with レジェンドライダー」(公開中)の大ヒット御礼舞台挨拶が12月20日、東京・丸の内TOEI1で行われ、「仮面ライダーエグゼイド」の飯島寛騎、瀬戸利樹、松本享恭、松田るか、「仮面ライダーゴースト」の西銘駿、大沢ひかる、今作ゲストのプロレスラー・棚橋弘至が出席した。

 大のライダーファンとして知られる棚橋は、撮影を「目の前で、テレビで見ている演者さんたちが撮影しているわけですよ。夢のような空間でした」とうっとり振り返る。共演者に目を向け、「こうして並ぶと、ライダーファミリーに入れたみたいで嬉しい」と感無量の様子だった。

 さらに棚橋は、エグゼイド主演の飯島とゴースト主演の西銘を査定することに。「飯島くんは(テレビシリーズの)撮影が始まっていたとは言え、非常に初々しかった」と評し、「一方で西銘くんは1年間現場を経験しているので、すごく頼りがいがあった。先輩感が出ていました」とべた褒め。続けて「これが1年間ライダーの主役を演じた“凄み”だと感じましたね」と述べると、西銘は大喜びだった。

 また壇上では、飯島&西銘が変身ポーズを披露。ビシっと決めた2人の横で「かっこいい〜!」と悶絶していた棚橋だったが、「僕も変身ポーズをやりたい」と名乗りをあげる。そして「仮面ライダーW」のポーズと「さあ、お前の罪を数えろ」というセリフを再現してみせると、ファン約500人からは喝さい。棚橋は「またここに帰ってきます!」と上機嫌で叫んでいた。

 年の瀬が押し迫っているだけに、登壇陣には「来年の目標は?」と質問が寄せられた。西銘は「『仮面ライダー』で学んだことを、次にいかしていきたい。(ドライブの)竹内涼真くんは、この1年であんなところに行ってしまった。僕ももっと活躍できる俳優になりたい」といい、飯島は「来年もまだまだ『仮面ライダー』。自分自身としても(演じる)宝生永夢としてもレベルアップしたい」と表情を引き締める。一方の棚橋は「1月4日に東京ドームでタイトルマッチが組まれています」と切り出し、「ライダーファンを全員味方につけ、チャンピオンベルトを巻いて、必ずここに戻ってきます」と豪語していた。