金正恩氏

写真拡大

国連総会は19日、北朝鮮の人権侵害を非難する決議を採択した。同様の決議の採択は2005年から12年連続である。

決議は従来と同じく、政治犯収容所での強制労働や公開処刑、強制移住、拷問など「長期にわたる組織的で広範囲な人権侵害を非難する」旨を強調している。

被害女性の証言

そしてそれとともに、今回初めて、北朝鮮が海外に派遣している労働者の問題に言及した。「強制労働に準ずるものと知られている環境で働く、北朝鮮海外労働者に対する搾取」について、深刻な憂慮を表すとしているのだ。

海外に派遣された北朝鮮の労働者は、1日に12時間から16時間、場合によっては20時間もの長時間労働を強いられ、休みは月に1〜2日しか与えられない。あまりに辛く、現場から逃げ出そうとした労働者がアキレス腱を切られたり、掘削機で足を潰されたりという凄惨な私刑(リンチ)を受けていることも、デイリーNKの取材でわかっている。

ただ、このような状況があることは、以前から知られていた。ならばなぜ、今回になって初めて取り上げられたのか。理由は様々あろうが、国連決議で圧力を加えるだけでは、北朝鮮国内の状況を変えるのには時間がかかり過ぎるという事情もあるはずだ。海外で働く労働者の問題であれば、受け入れ国に是正を求めることができる。

さらに、北朝鮮当局が労働者の海外派遣で得ている外貨が、核・ミサイル開発に回されていることへの懸念もある。

このような国連の動きに対し、筆者はもちろん賛成の立場だが、北朝鮮と関係の深い国に働き掛けるのであれば、やはり中国が最大の「ターゲット」になるべきだと思う。

周知のとおり、脱北者のほとんどは中国を経由して北朝鮮から第三国へ逃れる。しかし、中国当局は北朝鮮に協力して脱北者を逮捕、送還している。その結果、送り返された脱北者がどのような目に遭わされているかは、北朝鮮の収容施設で当局幹部により性的虐待を受け、妊娠させられ、麻酔もせずに中絶手術をされた女性の、勇気ある告発でも明らかだ。

(参考記事:刑務所の幹部に強姦され、中絶手術を受けさせられた北朝鮮女性の証言

また、北朝鮮の人権侵害からせっかく逃れた脱北者たちは、中国当局から法的な保護を受けられないために、現地においても様々な被害に喘いでいる。

近年、脱北者の多くは女性により占められている。ところが、米紙ワシントン・ポストが現地のブローカーの話として報じたところでは、「中国で身を潜めている脱北女性の5人に1人がオンライン上の性風俗業に関わっている」という。

脱北女性たちがそのような仕事に吸収されてしまうのは、中国当局に捕まることを恐れているからだ。食堂などで働いていれば、当局から尋問を受けるリスクが高くならざるを得ない。

中国当局は間接的にとは言え、北朝鮮における人権侵害を助長しているわけだ。

北朝鮮の人権問題の抜本的な改善のためには、金正恩体制の変更が必要と言えるが、仮にそれが可能だとしても膨大な時間がかかる。

しかし、中国当局に態度を改めさせることは、それよりもいくらかは容易だろう。北朝鮮の人々が今を生き抜くことができるように、「逃げ場」を確保しておくことも重要だと筆者は考える。