不要なXマスプレゼントとハンバーガー交換

写真拡大

米国ではクリスマス直後になると、デパートなどのレジに長蛇の列が出来ます。クリスマスプレゼントのショッピングはもう終わったのに、なぜこんなに混み合ってるの……? と不思議に思いますが、実はこれ、貰ったプレゼントで不要なものや、サイズ・色が合わないものを返品したり、交換してもらうための列なのです。

「せっかく貰ったものを返品だの交換だの、贈り主に失礼なんじゃないか」――と思ってしまいそうなところですが、そこは合理的なアメリカ人。あまり罪悪感はないようです。さらに、贈り主も返品・交換の可能性を予想して、プレゼントを買うときに「ギフト・レシート」(※通常のレシートと異なり、物品の値段が表記されていない)なるものを手に入れ、それをプレゼントと一緒に渡します。貰った側は、このレシートをお店に持って行けば、返品や交換が可能になるという仕組みです。

米大手ファストフードのバーガー・キングでは、この「いらないプレゼント」に着目して、面白い企画を立てました。フロリダ州のマイアミ・ビーチにある支店に、クリスマス翌日の12月26日、“手元に残しておきたくないクリスマスプレゼント”(未使用に限る)を持参すると、人気商品のワッパーと交換してくれるというもの。ちなみに、どんなプレゼントだったとしても、交換してもらえるのはワッパー「ひとつだけ」なんだそうです。

高価であったかもしれないプレゼントに対してワッパーひとつだけ、というのはちょっと損な気もします。でも、実はこれチャリティー企画で、集まったプレゼントは、子供向けの慈善事業に寄付される予定なんだそうです。単に寄付を集めるだけでは、話題にならない。じゃあ、クリスマス恒例の「いらないプレゼントの返品・交換」の慣習に乗っかっちゃえ!というバーガー・キング側の作戦のようですね。