ロドリゴに罪を告白するキチジロー(窪塚洋介)
 - Copyright (c) 2016 FM Films, LLC.  All Rights Reserved.

写真拡大

 巨匠マーティン・スコセッシが故遠藤周作の小説をハリウッドで映画化した『沈黙 -サイレンス-』から、キリシタンへの壮絶な弾圧と究極ともいえる選択に対する宣教師の苦悩を切り取った日本版予告編が公開された。

 原作に出会って以来、スコセッシが28年もの間、映画化を望み続けた本作。宣教師フェレイラ(リーアム・ニーソン)が棄教したとの知らせを受け、キリシタン弾圧下の長崎を訪れた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)の衝撃的な体験を通して、神の存在や信仰が持つ根源的な問題を観客に投げかける。

 予告編は、敬虔なキリスト教信者であるモキチ(塚本晋也)が、荒波の中で水磔(すいたく)にかけられるシーンから幕を開ける。過酷な仕打ちを受ける信者を目にして絶望したようにひざを落とすフェレイラ。その姿に、彼の棄教を信じることができない弟子たちロドリゴとガルペ(アダム・ドライヴァー)の姿が重なる。

 危険な状況の長崎にたどり着いたロドリゴたちが会ったのは、隠れてキリスト信仰を続ける人々。「我々が彼らを救うのだ」と語るロドリゴだが、激しいキリシタン弾圧を推し進める井上筑後守(イッセー尾形)は、彼らをかくまう人々を虐げ「お前のせいで奴らは苦しむことになるのだ」と棄教を迫り、2人を長崎へと導いた日本人の若者キチジロー(窪塚洋介)は、「パードレ(神父さま)、どうかお助けを。弱い者はどうすれば?」と赦しを求める。

 ついに囚われの身となったロドリゴに、「悩むことはない転ぶのだ」「お前が転ばぬ限り犠牲が出る」と狡猾に棄教を迫る奉行所の通訳・通辞(浅野忠信)。信者たちが弾圧にさらされても主が沈黙を守るなか、ロドリゴはいかなる選択を下すのか。巨匠のパッションに導かれハリウッドと日本の才能が融合した歴史大作への期待が高まる。(編集部・入倉功一)

映画『沈黙 -サイレンス-』は2017年1月21日より全国公開