IoTと半導体製造技術が融合して誕生した「WORLD OF IOT」が、2016年12月14〜16日にかけて、東京ビッグサイトで開催された。あらゆる産業界から注目を浴びるIoTは、世界中の企業がビッグデータやAIなどと組み合わせ、新しい価値を生み出すための活用を行っている。

 今回のイベントには、トヨタ自動車、村田製作所、ソニー、富士通などの大手からスタートアップまで、60社以上が出展しIoTを実現するための技術として、ソリューションから、システム、アプリケーションを紹介していた。

着せ替え✕超小型電気自動車、rimOnO(リモノ)

 経済産業省出身の 伊藤慎介氏(以下、伊藤氏) と znug design (ツナグデザイン) の 根津孝太 (以下、根津氏)が開発を手掛けるrimOnOは、全長2.2m、全幅1.0m、全高1.3m、車両重量320圈別槁200圈法∈嚢眤度45/h、乗車定員大人2名の超小型電気自動車だ。

左:取締役(デザイン責任者) 根津孝太氏、中央:取締役(技術責任者) 奥村康之氏、右:代表取締役社長 伊藤慎介氏


 

 幅広い年齢層をターゲットとしているが、中でも「いち早くほしい!」と熱烈なラブコールを送ってくるのは70代以上の男性からなのだとか。

 「高齢になると、普通の自動車の運転が難しくなり、免許証の返納を家族から求められるという人も増えてくる。今まで使ってきた交通手段を失うことで、外出が減り『よりいっそう年老いてしまうんじゃないか……』そういった危機感を抱えた70代男性からの要望がとても多いですね。少しでも早くみなさんの元に届けられるよう開発を頑張って進めています」と語ってくれたのは、デザインを担当する根津氏。

 2016年5月20日にプロトタイプを発表し、現在は製品化に向けた開発を進めているが、超小型モビリティに関する法規制の問題もあり、まずは2018年に一人乗りバージョンでの販売を目指しているという。

 rimOnOは今の段階で車体にIoTの仕組みを取り込んでいるわけではない。今後どのようにIoT化していくのか、伊藤氏が語る。

 「日本の産業には、ハードウェアの強みってものすごくあるなと思っていて、今はとにかくそこで出来ることをなるべく詰め込んでいます。まずは交換式のバッテリーをIoTで管理していきたい。将来的には海外を含めたIoTの技術やノウハウをつなぎ合わせ、面白い世界をつくっていきたいと思います」

 

 

 

日本初のスマートホステル「&AND HOSTEL」

 and factoryは今年8月に、近未来のIoT空間を楽しめる体験型宿泊施設として福岡にオープンし、話題を呼んだ「&AND HOSTEL」の1室を再現していた。

  「&AND HOSTEL」は最先端のIoTデバイス開発を行なっている各社の協力の下、10種類のIoTデバイスを組み込んだ客室やダイニングカフェを設置したホステル。

 個々に開発されたデバイスを1か所に集結させ、「日本初のスマートホステル」として宿泊や観光体験の中に組み込むことで、宿泊自体を1つの観光目的として価値創造することを目指している。

 宿泊客がフロントで渡されるのはルームキーではなく、スマートフォン。メイン画面に映し出された&IoTアプリによって、部屋の施錠やフロントへの連絡はもちろん、室内のあらゆるIoTデバイスを操作することが可能だ。

 

 「DOOR」ボタンを押すとスマートキー「Qrio Smart Lock」が解除。カギの開閉と連動して、調光や1600万色以上もの調色ができるスマートLED照明「Philips Hue」が自動で点灯・消灯する。テレビ、エアコン、空気清浄機、照明のコントロールは「REMOCON」ボタンにより操作が可能で、ルームサービスを頼むときは「ROOM SERVICE」ボタンのほか、部屋のBOCCOに話しかけて、音声チャット形式で会話することも。

室内にある家電を操作する際、本来これだけのリモコンが必要になるが&IoTアプリによって、全て1つのデバイスから操作が可能。

 

 

 「&AND HOSTEL」にはこのほかにも、視線を大きく変えることなくハンズフリーでさまざまな情報を取得できる透過式メガネ型端末「SmartEyeGlass」や、光・香り・音により使用者の睡眠をマネジメントする「 Sleepion」、部屋にいながら世界の美しい風景が広がる新しいデジタル窓「Atmoph Window」など、室内にはあらゆるIoT機器による仕掛けが施されている。

 

 

 

着るIoT「COCOMI」

 東洋紡は、導電材料を使ったフィルム状の機能性素材「COCOMI」を用いた生体情報計測ウェアを展示。COCOMIは伸縮性に優れ約0.3mmと薄く、自然な着心地のスマートセンシングウェアを実現している。

 

 胸部分に取り付けた電極が、心臓からの微弱な電流を検知して、高精度で生体情報を取得。装着者が転倒した際のアクシデントや体表温度の変化を通知してくれるので、医療現場やアスリートの体調管理はもちろん、工場の作業員や高齢者の見守りとして幅広い活用が期待できる。

 同社の独自計測技術である、人の心理や生理状態を機器測定で計測する「心理・生理計測技術」を活用し「COCOMI」による生体情報をもとに、リラックス度合いの測定によるメンタルトレーニングや、眠気の検出による居眠り運転防止などへの応用も考えられている

 COCOMIは2016年7月に競走馬の心拍数測定用腹帯に採用されている。競走馬はこれまで体の動きが激しく測定用電極が体に密着しないため、全力疾走時の心拍を安定して測定できないという問題を抱えていたが、電気抵抗値が低く伸縮性に優れたCOCOMIを使うことで解決したという。

 IoTはあらゆる産業はもちろん、私たちの生活の中まで、ものすごいスピードで浸透している。今回で第3回を迎えたWORLD OF IOTは、多岐に渡るIoTを俯瞰できる総合イベントとして毎年規模を拡大しているというが、来年はさらにパワーアップした世界を見せてくれるのではないだろうか。