3度目のベスト11受賞のDF塩谷司「来年納得いく形で受賞できるように」《2016 Jリーグアウォーズ》

写真拡大

▽「2016 Jリーグアウォーズ」が20日に横浜アリーナで行われ、ベストイレブンや年間最優秀選手賞など各賞の受賞者が発表された。

▽3度目のベストイレブン受賞となったDF塩谷司(サンフレッチェ広島)は、長年チームを支えてきたFW佐藤寿人とMF森崎浩司が去る来シーズンに向けてチーム全体のレベルアップを意気込み、納得いく形での来年の4度目のベストイレブン受賞を誓った。

◆DF塩谷司(サンフレッチェ広島)

──今年は組織的な守備がコンスタントに出せなかった苦しい中でも高い評価を得ていることについて

「素直に嬉しいですし、監督や選手から投票で選ばれて受賞できることは嬉しいですけど今年に関して言えば納得いくプレーができなかったのでまた来年納得いく形で受賞できるように頑張りたいなと思います」

──長い間チームを支えてきたベテラン二人が去って来季は塩谷選手の期待と責任が大きくなると思いますが

「あまり器用な方ではないので、今まで通り中堅として上の選手と下の選手とも上手くやって、ピッチの中ではもっともっと切磋琢磨してチーム全体としてレベルアップしていけたらなと思います」