モアナの歌唱シーンも公開!
 - (C) 2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 『アナと雪の女王』『ズートピア』のディズニーアニメーション製作による新作映画『モアナと伝説の海』(2017年3月10日公開)から、新たなヒロイン、モアナの歌唱シーンを収めたプロモーションビデオが公開された。

 『アラジン』『ヘラクレス』などのロン・クレメンツとジョン・マスカー監督が、ポリネシアの島々で語り継がれる伝説を基に、海を愛し、海に選ばれた少女モアナの大冒険を描く本作。公開された映像は、海に出ることを禁じられていたモアナが心の声に従って旅立ちを決意する心情をつづった本作の主題歌「How Far I'll Go」の英語版PVとなっている。

 安全な島を離れて旅立った大海原には何が待ち受けているのかわからない。そんな不安や葛藤を抱えながらも、モアナは「私は行くのよ」と決意。PVは、世界を闇から守るという大役を課せられたモアナの不安や戸惑い、伝説の英雄マウイとの出会い、心奪われる美しい景色の数々を、透き通るような歌声が彩る。

 この「How Far I'll Go」の英語バージョンを劇中で歌うのは、数千人の中からモアナの声優に大抜てきされた16歳の新人アウリイ・クラヴァーリョ。くしくもモアナと同い年のアウリイは、「モアナは安全な場所から海に飛び出して行くの。私もモアナがそうしたように、水平線をもっと向こうまで押し広げたいわ」と語っている。『アナと雪の女王』の「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」のような世界的なブームを巻き起こすことになるのか。

 楽曲を手掛けたのは、話題のブロードウェイミュージカル「ハミルトン(原題) / Hamilton」を手掛けたリン=マヌエル・ミランダ。第74回ゴールデン・グローブ賞では、アニメーション作品賞と合わせて歌曲賞にノミネートされ、アカデミー賞候補入りはほぼ確実。最も受賞が有力視される楽曲のひとつだ。(編集部・入倉功一)