悪童バートンが古巣バーンリーに半年ぶりの復帰! 先月、度重なる問題行為でレンジャーズ退団

写真拡大

▽バーンリーは20日、先日にレンジャーズを退団した元イングランド代表MFジョーイ・バートン(34)が今シーズン終了までの短期契約で加入することを発表した。

▽バートンは、今年5月末にバーンリーからレンジャーズに加入。だが、同年9月の練習中にチームメイトのアンディ・ハリディと激しく口論し、不適切な発言を行った同選手は、クラブから3試合の出場停止に加え、4週間の練習場立ち入り禁止処分を科されていた。

▽さらにバートンは、同時期にチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージのバルセロナvsセルティック(7-0でバルセロナが勝利)など、数試合で賭博に関与した疑いからスコットランドサッカー協会(SFA)の理事会から事情聴取を受けていた。一連の問題を鑑みたレンジャーズは、先月11日に同選手との契約を双方合意の下で解消していた。

▽なお、2015年にフリートランスファーで当時チャンピオンシップ(イングランド2部)のバーンリーに加入したバートンは、2015-16シーズンのクラブ年間最優秀選手賞を獲得するなど、同クラブのプレミア昇格に貢献していた。また、レンジャーズ退団後にコンディション調整のため、バーンリーの練習施設を使用していた同選手は、半年ぶりに古巣に復帰することになった。