9年ぶりベスト11選出のMF阿部勇樹「来年は酉年で僕は年男。一生懸命頑張りたい」《2016 Jリーグアウォーズ》

写真拡大

▽「2016 Jリーグアウォーズ」が20日に横浜アリーナで行われ、ベストイレブンや年間最優秀選手賞など各賞の受賞者が発表された。

▽9年ぶり4度目のベストイレブン受賞を果たしたMF阿部勇樹(浦和レッズ)は、36歳となる来シーズンに向けて意気込んだ。

◆MF阿部勇樹(浦和レッズ)

──35歳という年齢で選ばれたベストイレブンの感想

「先ほど(受賞が)4回目ということをお聞きした。35歳と言われますが、僕より上で活躍されている方が沢山いる。なので、僕はまだまだだなと。頑張らなきゃいけないと思う」

──今シーズンは500試合出場、3年連続のフル出場。この記録に対して

「全ての試合に出れる準備をしてきた結果が今に続いている。年齢は間違いなく一つずつ上がっていくものなので、来シーズンはどうしたら自分のプレーが良くなるのかを考えながら過ごしていきたい。来年は酉年で、僕は年男。一生懸命頑張りたい」

──今シーズンについて。来シーズンにどう繋げるか

「チームとしてはやはりチャンピオンシップで負けたので、非常に悔しかった。だけど、僕ら浦和レッズの今年1年の戦いを振り返ると、決して悪いシーズンじゃなかった。それでも、結果が全ての世界なので、やはり最後に勝って終わるのがベストだったと思う。来シーズン、また1シーズン制に戻るので、今年の勝ち点を上回る勝ち点で年間1位になりたい」