写真提供:マイナビニュース

写真拡大

既報のように、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12月20日20時に、イプシロンロケット2号機の打ち上げを実施した。気がかりだった天候は、昼頃までは雨が降っていたものの、午後からはまさかの快晴。イプシロンは予定通りに打ち上げられ、満天の星空の中に消えていった。

イプシロンの夜間の打ち上げは初。過去に遡ってみると、M-Vロケット3号機で火星探査機「のぞみ」(PLANET-B)を打ち上げたのが深夜3時12分だった。内之浦から衛星用ロケットを夜間に打ち上げるのは、1998年以来、実に18年ぶりということになる。

事前の天気予報がかなり悪かったため、10秒で雲に突っ込むと思っていたのだが、晴れたおかげで、かなり長い時間、ロケットの飛行を見ることができた。第2段の燃焼が終了した5分くらいまで、ロケットの場所がハッキリと分かった。

本記事では、まずは打ち上げの様子を、写真と動画でお伝えしたい。なお21時40分から開催された記者会見の詳報については、後ほど掲載する。

イプシロンロケット2号機打ち上げの現地取材記事
・イプシロンロケット2号機現地取材 - 初の強化型の打ち上げまでもうすぐ! 気になる最新情報をチェック
・イプシロンロケット2号機現地取材 - 打ち上げは成功、星空の中に消えたイプシロンの様子をレポート!
・イプシロンロケット2号機現地取材 - 衛星の愛称は「あらせ」、宇宙の嵐に突入して論争の決着を目指す
・イプシロンロケット2号機現地取材 - 観光としても楽しいロケット打ち上げ見学、3号機で挑戦してみては?

イプシロンロケットとERG(ジオスペース探査機)の詳細記事
・もうすぐ打ち上げの強化型イプシロン、デザインに込められた想いとは?
・新しく生まれ変わったイプシロン…「強化型」では何が変わったのか
・ヴァン・アレン帯に突入せよ! JAXA「ジオスペース探査衛星」(ERG)のすべて

(大塚実)