障害者の求人はどんな職種が多い?仕事の種類のまとめ

写真拡大

障害者の人の仕事や求人問題が深刻なことをご存知ですか?障害者を抱える家族にとっては人には言えないお金の問題もあり、表には出ていないですが日本の問題の1つです。

しかし、現在では障害者の人ができる仕事もたくさんあります。障害者の求人情報等は一般の求人誌には出ないので知らない人も多いのではないでしょうか?そこで今回は障害者の求人と仕事の種類をまとめてみました。

■ 障害者の方がしている仕事の種類とは?

◎ サービス業(飲食)

飲食業などで仕事をしている障害者の方も多いといわれています。サービス業の場合は人手が不足しているため、決まった時間に仕事をしなくてもよく、好きな時間に仕事ができるため長く続けられるようです。

人間関係が難しくない障害者の方には、短時間で働ける飲食店などのサービス業は向いているといえるでしょう。

◎ 清掃業

多くの障害者の方が清掃業の仕事をしているといわれています。障害者の求人を見ても最も多いのが清掃業ではないでしょうか?

清掃業は瞬間的な判断を迫られることがなく、決まったことをやればいいので障害者の方に向いているといえるでしょう。

◎ 事務職

障害者の方には事務職で働く人も多いです。人と会話をすることが少なく、決められた仕事を継続して行う事務職の場合、人間関係でのトラブルも少ないので障害者の方がたくさん活躍しています。

ただし、事務職の仕事は求人倍率が高いので就職が難しいといわれています。

◎ ライター

ライターのお仕事もパソコン1つで出来るので、人間関係が難しい障害者の方にはお勧めです。最近ではクラウドワークスという自宅でできるライターのお仕事も増えています。文章を書くことが苦手ではない人には誰でもできるので、おすすめできるお仕事だと思いますよ。

実際にブログの記事を書いて仕事をしている障害者の方も多いです。ライターの求人もたくさんあります。

◎ web関係

webを使ったデザインの仕事をしている障害者の方も増えてきています。まったくの素人がwebの仕事を始めることはできませんが、少し経験のある方は時給の高い求人も多く見受けられます。

特殊な技術を持っている障害者の方は高い給与が期待できます。

◎ ドライバー

タクシー運転手やトラック運転手などの仕事も障害者の方が多く活躍しています。ドライバーは職場での人間関係があまり深くないため、職場での人間トラブルも少ないと聞いています。

ドライバーの仕事も自分でできるだけの時間の仕事が申請できますので、長く働くことに不安のある方でもできる仕事の種類だと思います。

◎ 介護

介護の仕事も障害者の方がたくさん活躍しています。介護の現場は大変な人出不足のため障害者の方でも割と面接に受かりやすいと聞いています。

仕事の内容や種類は様々ありますので、面接時に仕事内容をしっかりと聞きましょう。

◎ 鍼灸(セラピスト)

鍼灸やセラピストの現場でも障害者の方が多く働いています。特に視覚障害者の方は鍼灸で働く場合も多いのではないでしょうか。障害者求人を見ていると視覚障害者の求人欄には鍼灸のお仕事がたくさんあります。

鍼灸やセラピストも障害者の方の多く働かれていますので、現場の対応も安心できると聞いております。

■ 障害者の求人支援施設も活用しよう

障害者の求人支援施設があることをご存知ですか?障害者の人の仕事を斡旋している会社で、一人ひとりの障害を聞き、適した仕事を紹介していただけます。しかも障害者の求人もたくさん来ていますので、障害者の持つ悩みや問題を相談してみるのもいいと思います。

人間の持つ障害とはさまざまあります。障害者は1人だけではありませんので自信を持って求人活動や仕事に取り組んでみてください。全国にある障害者求人支援施設も仕事探しの際には参考にしてみるといいと思います。

■ まとめ

障害者の方で仕事で悩んでいる方は障害者専門の求人新施設にご相談してみてはいかがでしょうか?

障害者の方でもできる在宅でできる仕事もたくさんあります。在宅でできる仕事は障害者の方にでもトラブルが少なくできると思いますので、お勧めだと思います。ぜひ参考にしてみてください。

参考サイト:障害者にもできる仕事と副業のまとめ!在宅ワークでできる給与の高い仕事ランキング

(image by amanaimages 1 2 3)

(著:nanapiユーザー・gyeronimo)