今日からできる!日常生活でプロが実践している「ヤセ習慣」とは

写真拡大

ダイエットをするには毎日時間を取られます。エクササイズ、ストレッチなど、忙しいなかで毎日行おうと思うとプレッシャーに感じてしまいますよね。

体に関わる仕事をしているプロは、効率よく日常生活の中で痩せるような行動を取っています。

そこで今回はヨガインストラクターの筆者が、痩せるために実践している生活習慣を教えます。

■座る時は腰を立てる

座る姿勢、立ち姿勢の意識を変えるだけでもかなりのエネルギーを使います。普段何気なく座っているその姿勢、実は太る原因かも?

椅子に座るときはお尻を安定させて、腰をまっすぐ立てるように意識しましょう。お腹の奥を引き上げて肩甲骨同士を軽く寄せるだけ。

言うのは簡単ですが、この姿勢をキープするのはかなり疲れます。普段怠けている筋肉を鍛えるタイミングは“座っているとき”なのです。

■歩く時は背中の筋肉を意識して

歩くときも絶好の痩せタイミング。お腹の奥を引き上げるのは座っているときと同じ。これに背中を意識する感覚をプラスしてみてください。

背中から腰をまっすぐに伸ばし、誰かに背中を押されているイメージで歩いてみましょう。足の歩幅も自然と開き、姿勢も自然と良くなるはずです。

■インナーマッスルを鍛え、体を熱くするポーズ

代謝を上げたり姿勢を維持するために、お腹の筋肉を鍛えましょう。しかし、下腹部だけでは足りません。同時にお腹の上部も鍛えてあげられればインナーマッスルを強化することもできます。

(1)床に座り、右足のひざを曲げ、かかとをお尻の横へおきます。左足は立てて右足太ももの外側へ置きましょう。

(2)右手を左足に、左手はうしろの床へ置き体を支えます。

img_0290

(3)息を吸いながらお腹を伸ばし、息を吐くタイミングでお腹から体を左にねじっていきます。

img_0292

(4)お腹の力で体を支えたまま、両手を胸の真ん中で合掌します。

img_0293

(5)息を吸いながら両手を頭上へ上げていきます。下腹部に刺激が入っているのを意識して5呼吸キープします。

img_0299

(6)再び両手を胸の前まで下ろしたら、両ひじを引き寄せます。お腹の上部に刺激が入っているのを意識して5呼吸キープします。

img_0294

(7)反対側も同様に行います。

いかがでしたか? 痩せるための習慣を身に着けるは日常の意識が大切です。スキマ時間を使うよりも、日常の動きの意識を変えていきましょう。

それだけでかなりのエネルギー消費ができます。試してみてくださいね!

【筆者略歴】

yuuka ・・・ 『マナヨガ』代表。ヨガ、整体、体幹トレーニング、ウォーキング等、研究を続け『マナメソッド』を発案。本来持っているその人の個性や美しさを引き出すことで定評があり、現在パーソナルトレーニングは予約待ち状態。