中国北京で16日午後8時に「大気汚染赤色警報」が発令されてから週明け初日の19日は朝から公共交通機関で深刻なラッシュが生じた。

写真拡大

中国北京で16日午後8時に「大気汚染赤色警報」が発令されてから週明け初日の19日は朝から公共交通機関で深刻なラッシュが生じ、地下鉄などでは駅構内に入れないほどの混雑も見られた。

【その他の写真】

ナンバープレート末尾の偶数・奇数による車両の交通規制が行われたことにより、車両の道路通行はスムーズになったが、地下鉄などの公共交通機関では多くの人で込み合っていた。新華網が伝えた。(提供/人民網日本語版・編集YK)